桜     蕊   *

            春…よもすがら 降りつぐ雨に 桜蘂
              桜蘂 降りて路門を 汚しけり

              桜蘂 降りて騒つく 石畳
              桜蘂 降る坂長き 女学校

              蘂ふりて 死屍残骸の 老桜

              玉手箱 開ければ煙 花は葉に (季:夏)
              道遠く 命短し 花は葉に

              今年また 花に喜び 花に泣く    俳子

                 桜 蘂

              桜蘂と桜の実

     前頁(桜2)へ  この頁のTOPへ  次頁(山桜)
「落花」関連ページ…初花 桜1 桜2 夕桜/夜桜 花屑 桜蕊 山桜 八重桜(春)
          余花/葉桜(夏) 冬桜 緋寒桜(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 INDEX