落     花   *

            春…いくつもの 光こぼして 桜散る
              咲き満つる 今この刻に 花ぞ散る

              人はいさ 心も知らず 花ぞ散る
              さくらさくら さくらのはなの ちりぬるを

              ときをりは 風立ちをりて 花吹雪
              散る花の しばしとどまる 風の道

              湯の宿の 日暮れを急ぐ 飛花落花 (有馬温泉)
              簪に 飛花落花の 艶姿

              花散るや 須磨の果てなる 塩屋道 (塩屋)
              咲くからに 散り落つからに 桜花

              常なれと 願へば花の 散りやすし
              残花散る 平家落人 ゆかりの地

              飛花落花 供割事件 勃発地 (三宮神社)
              訳ありて 訳なきごとく 桜散る

              拙速を 尊ぶなかれ 落花急


              花散るや 風なき空の 明るさに
              いささかの 風もたよらず 桜散る

              吹かずとも 散りゆく桜 手に受けて
              散る花を 受くるも神の たなごころ

              花びらの どれも触れずに 桜散る
              花散るも 神に背かず 静々と


              ひと想ふ 心急かせて 桜散る
              君想ふ ゆゑにほろほろ 散る桜

              散らば散れ 色移ろひし 桜ばな
              風のあと 追ふかに花の 散りゆける

              まるでもう 空華乱墜 さくら散る
                                風といふ 花盗人に 散るぞえな

              咲くからに こぼるるからに 花万朶
              咲き満つる 花には花の 薄ら闇

              人騒ぐ 花咲くからに 散るからに
              咲くよりも 散るを華やぐ 老い桜

              花散るや 水やはらかき 池の面に
                                桜散る 流水あれば 水に沿ひ


              人知れず 明日は散りなむ 山桜
              谷深し なにに急かれて 花や散る

              反骨の 花びら薄し 残花散る
              花散るを 意にも留めずに 昼寝猫

              花散るは 引き算散れば 気持ち萎え
              花散るは 足し算散れば 屑増ゆる

              風と来て 肩を離るる 花の屑
              花散るや 風に遅れて 二三片

              遠のくは ひとのみならず 桜散る
              桜散る 男は黙して 去るのみか

              空明の 光に花の 散りぬるを
              振り向かず 去りてゆきたし 落花急


              うちしきて なほも降りつむ 花の屑
              昃れば 紫がかる 花の屑

              花散りて 大地にかへる 花の精
              産土の 地に降り敷けや 花の屑

              見る時を 選れば選り屑 花の屑
              花屑の 黄ばみて道を 汚しけり

              咲けば散り 散れば花屑 一匁
              箒目に 添ひ残りてや 花の屑

              ひとひらの 花屑旅の 鞄より


              やはらかな 川面をゆたり 花筏 (琵琶湖疏水記念館)
              列なして 琵琶湖疎水の 花筏
                                花筏 こぼちて琵琶湖 疎水船
              いざよひつ 早みつ花の 屑流る

              散れば寄り 寄れば離るる 花筏
              できかけて 崩れてできて 花筏

              行かないで 流れ早きに 花筏
              添ひたしと 思ふに別れ 花筏

              真すぐには 水は流れず 花筏
              瀬に早み 淵によどみて 花筏

              丸杭の 影の形に 花筏
              取水の 堰に崩るる 花筏

              行きよどむ 川漂流の 花筏
              まぼろしの ひとをものせて 花いかだ
              花筏 潰える際の 早流れ


              よもすがら 降りつぐ雨に 桜蘂
              桜蘂 降りて路門を 汚しけり

              桜蘂 降りて騒つく 石畳
              桜蘂 降る坂長き 女学校

              蘂ふりて 死屍残骸の 老桜

              玉手箱 開ければ煙 花は葉に (季:夏)
              道遠く 命短し 花は葉に

             今年また 花に喜び 花に泣く    俳子

                 再度公園の池に散る桜

                花 屑

                 桜 蘂

              桜蘂と桜の実

     前頁(桜2)へ  この頁のTOPへ  次頁(山桜)
 「落花」関連ページ…初花 桜1 桜2 夕桜/夜桜 山桜 八重桜(春)
          余花/葉桜(夏) 冬桜(冬) 緋寒桜(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 INDEX