ラ イ ラ ッ ク  *

          春…リラ咲くや をみなが放つ なみだ火矢
            リラ冷えの 町へ古きを 捨てにゆく

            ライラック 人待ちをれば 雨意の雲
            影踏めば 少女消えゆく リラの道

            リラの香に 慰められつ 傷癒す
            リラ咲けば くだるほかなき 女坂

            リラ散るや 神戸にはなき 女坂    俳子



     前頁(松の花)へ  この頁のTOPへ  次頁(茅萱の花)へ 
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 INDEX