猫     柳   *

            春…日当れば しろがね色に 猫柳
              昃れば ぎんねず色に 猫柳

              日を受けて 雌花こんじき 猫柳
              猫柳 活けて艶やか 甕の水

              指に触れ 頬にも当てて 猫柳
              撫づるほど ふくらむ花穂 猫柳

              豹爪に 負けず劣らず 猫柳
              天に棲む 女豹の爪ぞ 猫柳    俳子



       前頁(金縷梅)へ  この頁のTOPへ  次頁(鴨帰る)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

  俳子のインターネット歳時記 春


   俳子のインターネット歳時記 INDEX