麦    踏  *

          春…麦踏めり ためらひがちの 一歩より
            やさし子や 軽ろき身弱く 麦を踏む

            海側に 傾ぎつ麦を 踏みにけり
            麦踏や 大地の温み 足裏に

            麦踏みて 大地に根づく 農となる
            麦踏や 麦のよじれて へたるまで

            少年の 我が麦踏む 故郷踏む
            葉の先の 痛むもありて 麦青む   俳子

                大麦の芽

    前頁(下萌)へ  この頁のTOPへ  次頁(節分草)
     「麦踏」関連ページ…麦の秋(夏) 麦の芽(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 INDEX