百  千  鳥  *

          春…高感度 カメラが先の 百千鳥
            百ゐるか 千はをらじか 百千鳥

            一山に 鳴き声十色 百千鳥
            輪唱の 次は独唱 百千鳥
            大空へ ロンド奏でる 百千鳥

            樹々深し 影はみえねど 百千鳥
            声あれど 木の葉隠れの 百千鳥

            千年の 大樹が万枝 百千鳥
            百千鳥 大樹はいつも 風を抱き
            大樹いま 音を忘れて 百千鳥

            地の声か 天なる声か 百千鳥
            天にこゑ 木々に色あり 百千鳥

            耳中は 音の楽園 百千鳥
            百千鳥 和せば鳥語も 天の声

            火の鳥か 旭暉が中の 百千鳥
            梢より 翔たば火の鳥 百千鳥

            不死鳥も 光放つか 百千鳥
            春風や こずゑ隠れの 鳥光る
            百千鳥 なかに火の鳥 不死の鳥

            ニ三羽の こぼれてなほも 百千鳥
            また一羽 飛び来たりてや 百千鳥

            神霊の 宿る秀峰 百千鳥 (摩耶山)
            神木の このもかのもや 百千鳥

            一木の うしろ万木 百千鳥
            百千鳥 須磨には芭蕉 蕪村子規    俳子


                ツグミ

      前頁(燕)へ  この頁のTOPへ  次頁(囀)
    「百千鳥」関連ページ…(春) 小鳥来る(秋) 色鳥(秋)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 写俳版