桃  の  花  *

           春…川の鯉 釣れそむ頃や 桃の花
             桃咲きて にはか華やぐ 裏通り

             恋知らぬ 乙女が色に 桃の花
             桃の花 珠と見るまで 咲きそろふ

             桃の花 瑠璃の器の 紅さして
             桃の花 君くれなゐに 頬そめて
             桃咲くや うら若くして 一長者

             桃咲くや 遥かかなたの エルドラド
             花桃や 雄蕊雌蕊の ざはめきて

             満ち足りて こぼるる笑みや 桃の花
             花桃を 手折りて妹が 髪飾り

             花桃の 痛みてなほも 散り惜しむ
             これよりは 憂きこと多し 桃は実に   俳子


                                                       


               照手桃

    前頁(風車)へ  この頁のTOPへ  次頁(椿)
      「桃の花」関連ページ…桃の実(秋)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 INDEX