松 の 芯   *

          春…五葉松てふ地や 松の緑立つ (北区北五葉)
            伸び代は まだまだあるか 緑立つ

            中天に 並びて触れず 松の芯
            騒めける 空へ真すぐに 松の芯

            松の芯 強き風にも 揺れもせで
            緑立つ 空の余白は 無限とも

            肝心に 要ありけり 松の芯
            松の芯 希望と不安 高まりて

            天辺を めざして足りず 松の芯    俳子



    前頁(白樺の花)へ  この頁のTOPへ  次頁(松の花)
 「松の芯」関連ページ…松の花(春) 松手入(秋) 色変えぬ松(秋)
            新松子(秋) 松ぼくり(秋) 初松籟(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 写俳版