片 栗 の 花  *

          春…仙人谷より 片栗の花の辺へ
            かたくりの 花うつむきつ 反りかへる

            森奥の 妖気まとひて 花片栗
            花かたくり 森の女神の 指が先

            かたかごの花や 魔女が白き手に
            かたくりや 色手放して 夜眠る

            日のあたる 川の斜面や 花片栗
            かたくりの 花より出づる 峡の音
            片栗や 森に光の よみがへる

            かたくりの 芽出し八年 花咲かす
            かたくりは すねて気をひく をみな花    俳子





    前頁(薔薇の芽)へ  この頁のTOPへ  次頁(クロッカス)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 写俳版