鴨  帰  る   *

          春…古池に 声を落して 雁帰る
            鳥曇 池面に残る 女波

            雁帰る 無縫の空へ V字行
            祝すべし V字描きて 雁帰る

            淡海(あはうみ)の 空はみづいろ 鳥帰る
            鳥帰る 空をなぞへに よぎりつつ

            人界の ひとつ遥かを 雁帰る
            鳥帰る 池広ければ 下りもして

            帰りなんいざ 雁はみな北を指す
            白雲の 流るる方へ 鴨帰る

            鳥風や 鳥影はるか 点となる
            鳥帰る 眼下に縮む 山や海

            鴨帰る 空に遥かな 鳥の道
            去りぎはの 影はさびしも 鴨帰る

            谷戸百の ありしは昔 鴨帰る (烏原貯水池)
            引鶴や 逝きたる人は 帰らざる
            池静か 帰雁の群れの 失せしあと


            鳥雲に Jアラートの なる地より
            国境は あらじかりがね 雲に入る

            ピザのなき 越境はるか 雁帰る
            国境も 地図もなき旅 雁帰る

            翼ある ものは空の徒 鴨帰る
            鴨帰る こちに和むを 拒むかに
            かるがると 越ゆる海境 雁帰る

            北へ行く 風待ちをりて 雁帰る
            雁帰る 空一枚の 彼方へと

            雁帰る 雲路が果ての 湿原へ
            雁行きて 残りし空や 晴れ渡る
            鳥帰る 何も変はらぬ 街残る

            雁行きて 水に音なき 夕まぐれ
            雁ゆくや 故旧いづこに 伏せおはす


            旅に病み 空を恐れて 残り鴨
            天の壁 あるやも知れず 残る鴨

            病みたるか 病むに添ひしか 残る鴨
            残る鴨 連れ呼ぶこゑの 切々と

            湖の 鳥入れかはる 彼岸過ぎ
            早よ引けや 水の広きに 残る鴨

            布引の 池を自在に 春の鴨
            行く春に 古沼を去らぬ 真鴨かな    俳子



      前頁(梅2)へ  この頁のTOPへ  次頁(啓蟄)
    「鴨帰る」 関連ページ …夏の鴨(夏) 鴨来る(秋) 水鳥(冬)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 写俳版