春  の  野   *

            春…ものの芽の 土押しあぐる しじまかな
              ものの芽の いと小さきが 天を指す

              ものの芽の ほころぶ気配 野に満ちて
              ものの芽に 土やはらかき 原野なる

              春兆す 原を歩めば 草のこゑ
              春めきて 芒角ぐむ 原野かな

              春の野や 触るるものみな 柔らかく
              春の野の 風あるときは 風を愛で

              春の野を メロスのやうに 風走る
              里奥の 隠れの 野に迷ふ    俳子



      前頁(春紫苑)へ  この頁のTOPへ  次頁(草餅)
     「春の野」関連ページ… 青野(夏) 花野(秋) 枯野(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 INDEX