*

         春…紫の 雨降るごとく 藤垂るる
           手にとりて 余りに軽き 藤の花

           吸蜜の 虫に揺れたる 藤の房
           虫どちの 羽音しげき 藤の下
           風来ても 藤の花房 あひ触れず

           藤房の 垂るる高さに 背山見ゆ
           大木の 枝張るままに 藤の花

           山藤や 渓流沿ひの 大木に
           山藤や 三身山の 深き森      俳子

          

          岐阜県大垣市・赤坂スポーツ公園の藤の花

              宍粟市・大歳神社の千年藤


            山 藤     於:神戸市北区・石井ダム


                藤の実

    前頁(通草の花)へ  この頁のTOPへ  次頁(楓の花)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 写俳版