茶    摘  *

           春…色若き 茶葉先二寸 摘み頃に
             一番茶 一芯二葉 手摘みけり

             手摘むるは 垂直立ちの 茶葉二葉
             初心者 マークめきたる 茶葉摘めり

             掛けし布 とりてかぶせ茶 摘みにけり
             爪たてず 三指が腹で 茶の葉摘む

             茶柱に 息吹きかけて 一番茶
             かんばしや 摘みて間もなき 一番茶   俳子



    前頁(青き踏む)へ  この頁のTOPへ  次頁(白樺の花)
      「茶摘」関連ページ…新茶(夏) 茶の花(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
  俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 写俳版