俳子のインターネット歳時記
               INDEX版 春
 
  俳子のインターネット歳時記 INDEX版…    
   俳子のインターネット歳時記 INDEX版 春  *
       
             
         
            
          
         俳子のインターネット歳時記INDEX版 春 - は 
 馬珂貝   馬珂貝の 砂まきあげて 砂が中  
 馬珂貝や からだ隠して 舌を出す
  蜂   俳子のインターネット歳時記(写俳版)  へ  
 初 花   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 初花 へ  初桜
 花 屑   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 花屑 へ  花の塵 花筏
 花蘇芳   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 花蘇芳 へ  
 花 韮   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 花韮 へ  
 花水木   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 花水木 へ  
 母子草   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 母子草 へ  
  春   俳子のインターネット歳時記(写俳版)  へ  初春
 春浅し  暁天に 月細うして 浅き春  浅春 早春  
 子を呼べず 親にも会えず 春浅し
 目を閉づる 縁切り地蔵 春浅し
 浅春の明石や 暗き波寄せて
 春浅し 浚渫船の 遅々として
 春一番  六甲の 山ゆるがせて 春一番  春二番
 青春の 真つ只中や 春一番
 直角に 曲れぬ車 春一番
 春一番 ひかりの扉 押し開く
 春一番 保革油匂ふ グローブに
 一番で なければ駄目か 春二番
 本当は こちが本番 春二番
 春惜しむ    居留地の 栄華偲びて 春惜しむ  惜春 
 春惜しむ 畿内西の端 須磨が関
 須磨琴や 惜春の情 捨てがたく
 惜春や 湯の町の空 暮れなづむ
 惜春や サイ舎に今も 主なく (王子動物園)
 野に出でし より惜春の 人となる
 春惜しむ ほかにこの世の なに惜しむ
 春惜しむ やがて仏と なる身にて
 大仏の 猫背見ながら 春惜しむ
 惜命に執せず 春を惜しむとも
 並々と 盛る惜春の 盃に
 惜春の 心余りて 言足らず
 春キャベツ   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 春キャベツ へ  
 春炬燵  老い人の 足より萎えて 春炬燵  
 爺婆の 足根が伸びて 春炬燵
 老ふたり 頭を垂れて 春炬燵
 ひもすがら ものぐさ太郎 春炬燵
 用無しや けふも呆けて 春炬燵
 自堕落の ここに始まる 春炬燵
 春炬燵 まなかは猫の 指定席
 吾輩も 猫も腰抜け 春炬燵
 猫好きや 背ナを丸めて 春炬燵
 独尊の 猫かしこまる 春炬燵
 春炬燵 老いては猫に 従ひて
 欠伸してより 囚はれの春炬燵
  春 寒  春寒や 少し斜めの 怒り文字  春寒し
 春寒の 日々ゆるびたり 締りたり
 春寒や まだあたたかき 仏にも
 春寒し 火葬が妻の 喉仏
 こだまして 春寒のこゑ 裏返る
 春紫苑   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 花紫苑 へ  
 春時雨            俳子のインターネット歳時記(写俳版) 春時雨 へ            
 春ショール  春ショール 両手ひろげて 鳥になる  春マフラー
 春ショール 抑へる指の 美しく
 春セーター   恋はじめ 胸つきだして 春セーター  
 ぶかぶかの 春セーターや 吾子の恋
 春 菜   節立ちの 手に柔らかき 春菜かな  
 春菜煮て 嵩も小さき 一握り  
 春の朝  春朝や 寝てても廻る 水の星  
 春の雨  茅葺の 屋根に吸はれて 春の雨  春雨
 春雨に 濡れて清玄 桜姫 (『桜姫東文章』より)
 春雨や をみなも濡れて 行きたがる
 春雨と あなどる遠出 ずぶ濡れに
 春雨に うたれて鳩の 毛繕ひ
 春の海/春の波   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 春の海/春の波 へ  春の磯 春潮 春怒涛
 春の湖  さざなみて 光を弾く 春の湖  
 春の蚊    春の蚊の 翅も体も うすみどり  (夏)  
 春蚊なら まだ許せると 仏顔
 春の蚊の 動き嫋やか 放免す
 春の風  海を向く 透かし窓より 春の風  春風 春疾風
 川に来て くの字に曲がる 春の風
 大仏の 尊顔よりかや 春の風
 靡くもの つき従へて 春の風
 春風や 美顔の少女 かけ抜くる
 黒髪に 春風のせて 舞ひ来たる
 どの子にも 優しき春の 風となる
 坂道を 下る自転車 春疾風
 春疾風 噴火しさうな ニキビの子
 春疾風 竹の打ちあふ 音高し
 春の川      俳子のインターネット歳時記(写俳版) 春の川 へ  
 春の潮  鉢伏の 山裾洗ふ 春の潮  彼岸潮 渦潮
 瀬戸内の 春の潮は 浜に沿ひ
 波うねる 春のめまひの 続くかに
 時折は 春の渦なす 明石の門
 海峡の うしほはあれど 渦なせる
 親指の 指紋の中の 春の渦
 春潮の 流体力学 渦を巻く
 春潮や 沖ゆく船の ひと並び
 春の障子  家中の 春の障子を 開けはなつ  
 春の空   春天へ 投げて光と なるボール  春天 
 春天を 音なくゆるり 飛行船
 春の月   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 春の月 へ  春月夜 春満月
 春の野   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 春の野 へ  春郊
 春の鮒   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 春の鮒 へ  初鮒 子持鮒
 春の蛇   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 春の蛇 へ  
 春の水  俳子のインターネット歳時記(写俳版) 春の水 へ  水の春
 春の日    目つむりて 春日の赤き 薄まぶた  春陽  
 春陽来復 人は光で ものを見る
 春の日や 光の重さ はかりかね
 ハムを切る 春の日透くる ほど薄く
 春の山   羊水を 舐むる母猿 春の山 京都・嵐山  
 海の香を 背負ひて登る 春の山 須磨浦公園
 春の闇   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 春の闇 へ  
 春の雪   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 春の雪 へ  牡丹雪 淡雪 斑雪 雪解
 春の夕  ゆるやかに ソナタ奏でる 春の夕  
 春の夜   春の夜や やはらかきもの 横たはる  夜半の春
 春の夜に 蕾のやうに 開く五指
 春の夜や 言葉にすれば 嘘になる
 暗がりの 美声に出遭ふ 春の夜
 春の宵   見ないでと 云ひて気をひく 春の宵  春宵  
 春の宵 刺ある花を 胸に抱き
 色も香も 乙女めくかや 春の宵
 春宵や 猫もささやく I love you
 十字路を 抜けて春宵 交差点
 春疾風   縄文の 鯨面土偶 春疾風  
 春疾風 発電風車 フル稼働
 春日傘   俳子のインターネット歳時記(写俳版) 春日傘 へ  春闌く
 春深し       春闌けて 朝寝朝酒 昼あくび
 春闌けて 隣もつられ 欠伸人
 春闌けて 兵庫運河の 水淀む
 花園の 五彩七光 春深し
 春更けて 十色にあまる 花の園
 深春の 花を絶やさず 街花壇
 街行けば 百花繚乱 春深し
 咲き満ちて 千紫万紅 春深し
 裸婦像の 春花園に 横たはる
 春闌けて 昭和の匂ひ 残る街
 春闌けて 鏡の中の 化身顔
 春闌けて 埃がほどの 誇り片
 春闌けて 目には見えねど 昼の星
 春闌けて 微熱表面 温度かな
 世に遠き 溜息ひとつ 暮の春
 春闌けて 眠れぬ夜を ミュージック
 春闌けて 天地有情の しみじみと
 春マスク        長髪の 耳美しき 春マスク       
 ジョギングと うがひ手洗ひ 春マスク
 春マスク 実話噺も 嘘めきて
 春騒然 マスクで隠す 嘘まこと
 春闇の 街彷徨の 黒マスク
 ただならぬ 世を飄々と 春マスク
 一憂も 一苦も隠す 春マスク
 春めく  光より 始まるひと日 春きざす  春動く 春きざす
 春きざす 光と影の はざまにも
 仏心や 指紋の渦に 春きざす
 春動く 豪華客船 出航す
 春めきて 大地胎動 空驚天
 春めきて 技芸修達 伎芸天
 春めきて 波打ち際の うつせ貝
 春めきて 語尾やはらかき 京をんな
 春めくや 絹のひかりを 君まとふ
 襟元の かさねの色目 春めける
 春めきて 体の芯の ほぐれけり
 春料理   円卓を 廻して中華 春料理  
 なによりも 色のはなやぐ 春料理
 バレンタインデー    俳子のインターネット歳時記(写俳版) バレンタインデー  へ  愛の日

         前頁(春-の)へ  この頁のTOPへ  次頁(春-ひ)へ  
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
  ホームへ