福原京跡と兵庫津の道を訪ねて 


  ・平清盛と福原京跡T / 平清盛と福原京跡U
  ・一の谷と福原京をつなぐ道(平家編)T / 一の谷と福原京をつなぐ道(平家編)U
  ・一の谷と福原京をつなぐ道(源義経編) 開戦前後の義経
                       義経の奇襲T / 義経の奇襲U
     (須磨一の谷関連:源平・歴史ウォーク 一の谷合戦・坂落としコース
  ・源平一の谷の合戦 余話
    平清盛参詣道と丹生山田の郷
    義経進軍路の謎  義経進軍路の概略 / 三草山の戦い / 義経と丹生山田の郷
            藍那〜鵯越
              写真集<鵯越からの道>(1)高尾山から須磨への道
                         須磨一ノ谷の道
              写真集<鵯越からの道>(2)鵯越筋への道T
                          鵯越筋への道U
              写真集<鵯越からの道>(3)藍那・相談ヶ辻
              写真集<鵯越からの道>(4)夢野・福原京跡への道T
                          夢野・福原京跡への道U
           土肥実平軍の進路 / 平家敗走の時系列
              写真集<塩屋から平家須磨砦への道T>
              写真集<塩屋から平家須磨砦への道U>
    生田の森の陥穽T / 生田の森の陥穽U
    一の谷の迷路
  ・神戸観光名所歳時記 福原京跡と兵庫津の道
       写真集 < 鵯越からの道 >(2)鵯越筋への道 U   *




鵯越墓園の中程近くの高尾山東斜面上部に、
   「ひよどりごえばし」があります。
  


                   





「ひよどりごえばし」近くから山の稜線を見上げると、
   左写真のように急斜面が広がっています。


                                                   

「ひよどりごえばし」近くから谷を覗くと、左写真のようになっています。

「ひよどりごえばし」の真下にはV字型の狭い窪みがあり、
   その窪みは、稜線近くから細く長く谷底(写真中央)まで続いていますが、
   水は流れていません。
   斜面が余りに急峻なために、
   雨が降るときだけ水が流れる「川」なのでしょう。


                                                       




高尾山の東斜面は、切れ目ひとつなく、
   左写真のような急斜面となっています。


                                                     





鵯越墓園の南門近くまで南下すると、大仏(左写真中央)があります。


                                              





大仏の下を通る道を下って、
   車の通れない墓地内のジグザグ小径をいくつも下って行くと…


                                                
無縁塚のある墓地にたどりつきます。
   見上げると、左写真のような急斜面になっています。
   高尾山地蔵院の標高は 370m。
   無縁塚のある墓地は、高尾山地蔵院から 2.2km離れていて、
   標高は140mで、その標高差は235mです。
   それから鵯越墓園大仏の標高は 215m。
   無縁塚墓地は大仏から 150m離れていて、
   その標高差は 75mです。

高尾山の東斜面を人馬で下り降りるのはとても無理です。


左写真は鵯越墓園南門近くの墓地。
   左が高尾山の南端斜面で、右がイヤガ谷東尾根。
鵯越墓園で、高尾山の山裾に墓地があるのは、
   墓園開発初期に墓地化が進んだ、この地のみです。

鵯越墓園の案内板を見ると明らかなように、
   墓園バスは高尾山の上層部〜中腹部を周回していて、
   墓地のほとんどが周回バス道沿いに点在しています。

なぜ、墓地の多くが高尾山山頂近くにつくられのか ?
それは、高尾山が、その山頂近くは傾斜が比較的に緩やかで、
   山裾近くが急角度で落ち込んでいる、がためです。


左写真の上寄りに見えるのは鵯越大仏。建立は 1932年。
   この頃には、すでに高尾山の南面は
   墓地(鵯越墓園旧墓地)として利用されていたようですが、
   鵯越墓園の大規模開発が始まったのは、意外と新しくて、
   昭和38年(1963年)になってからです。

鵯越墓園は、高尾山を丸ごと利用した総面積200ヘクタールの
   大規模霊園で、墓参バスが墓園内を運行しています。
   このような大規模墓地が神戸の都心近くにあるのは、
   高尾山が丸ごと手付かずの状態で長く放置されていたからです。

義経が逆落としをしたのは1184年。今より700年以上も前に、
   この人の入りを拒む未開の地・高尾山に、
   義経が騎馬進軍できるような道は本当にあったのでしょうか?


             



高尾山の周辺も見てみましょう…、

イヤガ谷東尾根の西側・イヤガ谷川筋には丸山断層があります。

左写真の左寄りふたつが高尾山。その右ふたつが
   イヤガ谷東尾根、その右の一番高い山が菊水山です。





丸山断層は、約1500万年前にできた地層の上に
   約1億9000万年前にできた地層が逆転して
   重なっている衝上断層で、
   高尾山の南南西 4km・長田区明泉寺町にあります。



イヤガ谷東尾根の東側には菊水断層があって、
   菊水山との間の谷は狭くて深いです。

左写真は烏原川上流にある石井ダム。
   石井ダム堰の上から撮影。写真中央奥に鈴蘭台があり、
   写真の右側が菊水山で、左側がイヤガ谷東尾根。
   福原〜丹生神社に至る清盛参詣道は、
   菊水山とイヤガ谷東尾の山間(現・石井ダム底)を通っていました。


                                               
六甲山は、50万年ぐらい前の地殻変動によってできた
   比較的若い山で、断層が多いです。
その形状がどうなっているかというと、
   六甲山系は、六甲山最高峰より西側を見ると、
   ・六甲山最高峰〜新穂高&摩耶山〜高雄山〜再度山〜鍋蓋山
    〜菊水山〜高尾山〜須磨連山〜淡路島へと東西に弓なりに連なり、
   ・しかも、その連山はひと繋がりに繋がっておらず、
    高尾山と須磨・高取山との間で、南北に約4kmほどズレていて、
   ・高尾山の西にも、須磨・高取山の東にも高い山がありません。
高尾山は、50万年ぐらい前の六甲山地殻変動の急所に
   位置する山だったので、斜面が急峻なのです。
左写真は高尾山地蔵院近くより見た須磨連山。
   薄い青色の山がそれで、左より高取山、横尾山、
   そして空に浮かんでいるように見えるのが淡路島。
   鉄拐山と鉢伏山は横尾山の向こう側にあります。


                                                              
左写真は、丸山大橋上から見た高尾山の南斜面。
    写真上中央近くに見えるのは
    山麓バイパスのトンネル(入口の標高は 190m)。
    高尾山(標高 402m)は、写真左上の方向に
    直線距離で 1.7kmほど行った先にあります。
    山麓バイパス・源平大橋(標高 190m)は、
    左写真撮影地・丸山大橋直下の最も標高の低い
    地点(標高 132m)から 500mほど離れていて、その標高差は 60mです。

高尾山の西斜面、南斜面・東斜面もダメでした…。
   義経は高尾山地蔵院近くに露営して、旧暦2月7日未明に、
   いったいどの道をどこへ向けて進軍して行ったのでしょうか ?
 謎は深まるばかりです。
  次ページにて、この謎解きに挑戦します。

                            前のページへ  このページのTOPへ  次のページ
 
      ホームへ