有   馬   温   泉   *

   有馬温泉 INDEX…春1 / 2  夏1 / 2  秋1 / 2  冬1 / 2

            有   馬   温   泉 ( 夏 2 )

           夏…山門に 入れば緑陰 風の韻 (瑞宝寺公園)
             緑陰に 極楽よりの 余り風

             緑陰や わが息に和す 森の息
             緑陰や 黙してしばし 只管打坐

             端居して 裏六甲の 余り風
             湯の宿や 日暮れてよりの 風の涼
             湯名残を 冷ます川の辺 夏の宵

             夏の夜や 下駄を鳴らして 湯本坂
             夏の夜や 湯浴みが客の 下駄の音


             夕暮れて 芸妓浴衣の 小紋柄
             納涼床 芸妓は赤き 帯締めて

             ねね橋を くぐりて涼風 川座敷
             酔ひほのか 有馬納涼 川座敷

             分け入りて 奥六甲の 岩清水
             音もなく 砂吹きあげて 清水湧く

             川清水 底ひの岩を 揺らめかせ
             澄みわたる 有馬清水に 魚棲まず

             瑞宝寺 廃寺が奥の 山清水
             手にすくふ 清水に青き 空の色

             清水飲む 影も旨しと つぶやきて
             炎天の 喉をうるほす 神の水
             一掬の 清水うるほす 喉の奥

             轟きて 清く澄みたる 滝の音
             瀑音と 滝のしぶきを 総身に

             太閤の 愛でたる滝や 鼓ヶ滝
             涼なるや 秀吉愛でし 有馬水

             汗滂沱 有馬三山 屋畑尾根
             汗拭ふ 有馬七坂 八峠

             鄙び湯や 有馬にもある 鯖の道
             白き歯や 有馬足湯の 登山客

             風涼し 有馬へ越ゆる 峠道
             峠道 越えて湯の町 雲の峰
             雲の峰 湯山が道の 空狭し

             軒借るや 白雨たばしる 湯山道
             夕立来て ひとつ軒下 逢瀬めく
             夕立の 来たて去りぬ 小半時

             蟻馳せて のぼりきれざる 願ひ坂
             山門に 入るをはばかる 蝉しぐれ

             鉄泉や 夏日あたらば 金泉に
             有馬湯に 積年の汗 流しけり

             仕舞湯の 音も静かに 真夜の秋    俳子

                善福寺の緑陰

              神戸電鉄 有馬温泉駅
                             この頁のTOPへ
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
      ホームへ

    写真と俳句で綴る
       神戸観光名所歳時記 


 神戸市中央区の名所旧跡
   北野異人館   神戸港 / 神戸空港   神戸ハーバーランド
   神戸元町   三宮 / 神戸旧居留地   布引
 神戸市北区の名所旧跡
   藍那   有馬温泉   しあわせの村   森林植物園
   無動寺 / 六條八幡宮 / 箱木千年家   六甲山
 その他の名所旧跡
   明石海峡大橋   王子動物園   神戸東灘界隈
   古墳 / 遺跡   新開地   須磨   垂水なぎさ街道
   長田・鉄人広場   福原京跡と兵庫津の道
 イベント
   インフィオラータこうべ   神戸ジャズストリート
   神戸ビエンナーレ   神戸まつり   神戸マラソン
   神戸ルミナリエ   新開地音楽祭
   だんじり祭り   帆船入港   六甲全山縦走大会