神 戸 元 町 界 隈  *

  神戸元町界隈… 諏訪山 / ビーナスブリッジ (春) (夏) (秋) (冬)
           水の科学博物館 / 宇治野川
           兵庫県庁/相楽園 (春) (夏) (秋) (冬)
           花隈城跡
           神戸元町 (春) (夏) (秋) (冬)
           神戸南京町 (春) (夏) (秋) (冬)
           神戸メリケンパーク (春) (夏) (秋) (冬)

            花     隈     城     跡

           春…内膳が 南蛮屏風 春立てり (狩野内膳は荒木村重の子)
             春立ちて 港景色も 異国風

                             花隈の やなぎ芽やなぎ 母子坂
             芽柳や 城の面影 今はなく

             花盛る 城に石垣 土塁跡
             花盛る 港の見ゆる 城が跡

             村重は 情の人なり 花に雨
             桜にも 情のあらば 散らず咲け

             落城も 落花に似しか 村重城
             城落ちて 主は死なず 残花咲く

             石垣を 遺すのみなり 城暮春

           夏…青嵐の 攫ひてゆきし 城ならむ
             石垣の 遺る城址や 夏の草

             蟻走る 日差し強きに 影もたず
             蟻もまた 乱世を生くる ともがらか
             黒光る 蟻や城址を かけのぼる

           秋…落ち城の うしろよりかや 月出づる
             空城の 月やさへぎる 雲もなく

             城跡に 隈なき月の 皓々と
             城無残 名月のみを 上にのせ

             死すは死し 生くるは落ちて 城三日月
             城跡の 小径の濡るる 露の朝

             あへなくも 落城三日 秋落暉
             草は実に 城は落ちても 人死なず

             落ち城に 遺る石垣 石叩き
             城跡の 空の高きを 石叩き

             城垣に 風のつまづく 秋の暮
             秋夕焼 孤城落日 なりし日も

           冬…凩に 跡形もなき 天守閣
             冬枯れず 城址をまもる 柳かな

             落城の あるじ永らふ 深霜夜
             霜降るや 晧月千里 星万里

             月氷る 楼なき城の 影蒼む
             城跡に 寒満月の 光かげ

             雪の夜や 虚城に刻む 影蒼々   俳子


                           

                               この頁のTOPへ
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

   写真と俳句で綴る
       神戸観光名所歳時記 


 神戸市中央区の名所旧跡
   北野異人館   神戸港 / 神戸空港   神戸ハーバーランド
   神戸元町   三宮 / 神戸旧居留地   布引
 神戸市北区の名所旧跡
   藍那   有馬温泉   しあわせの村   森林植物園
   無動寺 / 六條八幡宮 / 箱木千年家   六甲山

 その他の名所旧跡
   明石海峡大橋   王子動物園   神戸東灘界隈
   古墳 / 遺跡   新開地   須磨   垂水なぎさ街道
   長田・鉄人広場   福原京跡と兵庫津の道

 イベント
   インフィオラータこうべ   神戸ジャズストリート
   神戸ビエンナーレ   神戸まつり   神戸マラソン
   神戸ルミナリエ   新開地音楽祭
   だんじり祭り   帆船入港   六甲全山縦走大会