六甲全山縦走大会 2018 (1) 俳子の古稀記念<六甲全山縦走>の記録 *
 左写真は、出発地点・須磨浦公園。

 この地点より六甲全山縦走が始まる。
   フィニッシュ地点・宝塚までは約 56kmの行程。
   参加受付は 5時00分〜 7時00分の間。

 11月11日(日) 5時25分頃、スタートすることができました。


 左写真は、鉢伏山にいたる坂道。

 外はまだ暗いのでヘッドライトを装着。 


 左写真は、須磨市街地夜景。


 約 1時間後に、栂尾山西面の長くて急な階段の下に到着。
   階段の空くを待つ長い行列ができていた。

 左写真は、つつじ橋より撮影。


 栂尾山の狭くて急な階段をかけ上って、
    雑木林に入った所で、日の出を迎えた。

 小生の「日の出だ!!」という声に反応する人はいない。
    みんなレースに集中している。

 栂尾山到着は 6時46分。

 左写真は、栂尾山より望む鉄拐山、旗振山、鉢伏山。
    これらの山々を越え、写真手前の高倉団地を抜けて、
    栂尾山にやって来た。
    が、感慨にふけっている暇はない。
    まだ、ほんの数歩を踏みだしたに過ぎない。 


 横尾山を経て、馬の背に到着。


 馬の背の手前も混みあっていた。

 馬の背を通り過ぎて、振りかえって見ると、
   左写真のように、列が途切れとぎれに続いていた。
   歩くのが遅い人と速い人がいて、難所では、このような隊列になる。

 馬の背を無事通過。

 東山から妙法寺へ下りる坂道で、両太ももの凝りを感じる。
   妙法寺前を 8時10分に通過。
   ここまで 2時間45分もかかってしまった。

 左写真は、高取山の登り道。

 この登り道も混みあっていたが、流れはスムースだった。
   ただ、この流れは、小生には速すぎ、上級者や中級者には遅すぎた。
   しかも、小生が道を譲って両者が入れ替わるには、道幅は狭すぎた。
 小生のようなスローペース・メーカーは、
   上級者や中級者の迷惑にならないように道端に寄って道を譲るしかない。
   が、一度譲ると、列は長々と続いていて、なかなか列に加われない。
   残された道はひとつしかない。
   スローペース・メーカーも、速い流れにのるしかない。

 左写真は、高取山から見た須磨連山。
 高取山到着は 8時55分。
   須磨浦公園をスタートしてから 3時間30分もかかってしまった。
 少し疲れていたので、休憩もかねて、軽く飲食。
   大会2ヶ月前の体調不良のことに思いが及び、弱気となる。
 高取山を下って、菊水山に至る途中で、両太ももが硬直。
   高取山の下り坂は、そんなに急ではないが、
   スピードが出すぎないように、踏ん張りながら下りると、
   負担が大きく、疲労が蓄積されやすい。
 我慢して歩き続けていると、両太ももの筋肉が痙攣。

 神戸電鉄・旧菊水山登山口駅(現在は廃駅)付近の山道で、
   赤鬼の30分前を行く先赤鬼に、
   あっという間に追い抜かれてしまった(時刻は11時00分)。
 菊水山まであと 1km。
   菊水山南面は急坂なれど、練習で 10回以上も登った。
   元気なら 30分もかからない。
   残り時間は 1時間20分もある。
   ところが…、


 左写真は、菊水山南面の急坂。

 両太ももの筋肉の硬直が頻繁に起こる。
   休むと直るが、登りだすと、また痙攣・硬直。
   菊水山山頂に着いたのは、11時50分だった。

 左写真は、菊水山山頂に設けられたチェック・ポイント。

 左写真は、菊水山〜摩耶山頂」間を受け持つ赤鬼。
   この赤鬼は、12時20分に菊水山をスタートし、15時50分に摩耶山に着く。
   小生が菊水山に着いた時には、すでにスタンバイを完了していた。

 この赤鬼より前に摩耶山のチェックポイントを通過しないと、
   タイムオーバーで失格となる。
   「須磨浦公園〜菊水山」、「摩耶山〜宝塚」間にも
   同じような赤鬼がいる。

 次のチェック・ポイントの摩耶山には、
   15時50分までに着けばよい。まだ4時間もある。
   登りは鍋蓋山と摩耶山の2箇所だけ。
   元気なら 3時間もあれば楽々行ける。

 が、この赤鬼の先を行くのは無理だ !!
   俳子の古稀記念チャレンジは、両太もも筋肉の痙攣のため、
   菊水山で無念のリタイアとなりました。

 左写真は、菊水山(458m)山頂より望んだ須磨連山。
   本日走破できたのは、わずか 19.5kmで、
   6時間25分もかかってしまいました。

                         このページのTOPへ  次のページ
  特集・神戸イベント写真集
 第16回 あいな里山まつり
 「旧乾邸」特別観覧
 きたきたまつり 2014
 神戸ビエンナーレ 2013
 夏休み・みんなの作品展 2012
 神戸ジャズストリート 2011
 神戸まつり 2011
 神戸マラソン 2011
 板宿盆踊り大会 2009
 灘の酒蔵探訪 2009
 湊川神社楠公武者行列 2007
 神戸南京町春節祭 2007
 神戸花鳥園ガイド
 神戸空港開港 2006.2.16
   ホームへ   

     六甲全山縦走大会 2018


 (1) 俳子の古稀記念<六甲全山縦走>の記録
 (2) 六甲全山縦走大会に参加して思ったこと
      高齢者スポーツ〜長期ブランクの克服は可能か〜

 (3) 六甲全山縦走大会 コースガイド 須磨浦公園〜高取山
 (4) 六甲全山縦走大会 コースガイド 高取山〜市ヶ原
 (5) 六甲全山縦走大会 コースガイド 市ヶ原〜宝塚