旧 乾 邸 の 洋 館 と 庭 園   *

     敷地の中央部にある主屋

 竜山石(たつやまいし)を用いた洋館で、左右非対称。
    屋根は赤い瓦の寄棟屋根。
 主屋は鉄筋コンクリート造3階 地下1階建て(一部木造)住宅で、
    字形の建物内には約 20の洋・和室があります。



 主屋の中央部は張り出し窓(ベイ・ウインドウ)になっていて、
    1階は食堂、2階は主人寝室として使われていました。


 主屋の南東部には、ゲストルーム(1・2階吹き抜け)があって、
    その窓(南面)には、菱形格子模様のステンドグラスが
    使われています。
 ゲストルームの上(3階)にはサンルームがあって、
    その南面はバルコニーとなっています。
 上写真のステンドグラス窓の上に見えるのが、
    バルコニーの手摺り(石造り)です。



 ゲストルームとサンルームの東面
    (写真の左上部がバルコニーの手摺り)


 主屋の南西部 1階には夫人室、2階には夫人寝室がありました。
 主屋を西側から撮影したのが上写真。
    2階の左側は衣裳部屋。
 上写真の手前下の空き地には和館が建っていましたが、
    阪神大震災で全壊しました。





 主屋の中央テラスの置物





 アムフォーラ(ギリシャ・ローマ時代の取っ手付きの壷)の拡大写真





 主屋の南西部 1階の壁面装飾

     流水鑑賞式庭園

 山から海に向かって水が流れるように、
    庭園の水は東方から西下に向かって緑の中を流れ、
    要所には石橋や石塔、石燈籠、景石が配されていて…、
 もし、阪神大震災で全壊してしまった和館の和室に座って
    見ることができたなら、
    きっと、見事なまでの和の世界が広がっていただろう、
    と推測できる広々とした日本庭園です。



 阪神大震災による和館の全壊によって、
    乾邸は、その和洋折衷の片翼を失ってしまったのでした。

   
                                 前のページへ  このページのTOPへ  次のページへ
  特集・神戸イベント写真集
 六甲全山縦走大会 2018
 第16回 あいな里山まつり
 きたきたまつり 2014
 神戸ビエンナーレ 2013
 夏休み・みんなの作品展 2012
 神戸ジャズストリート 2011
 神戸まつり 2011
 神戸マラソン 2011
 板宿盆踊り大会 2009
 灘の酒蔵探訪 2009
 湊川神社楠公武者行列 2007
 神戸南京町春節祭 2007
 神戸花鳥園ガイド
 神戸空港開港 2006.2.16
    ホームへ

     「旧乾邸」 特別観覧


 「旧乾邸」特別観覧・イベント概要
 旧乾邸の外周り   旧乾邸の洋館&庭園
 旧乾邸の玄関周り   旧乾邸の玄関ホール
 旧乾邸のゲストルーム   旧乾邸のその他の部屋
 神戸における歴史的建築物保存の現況
 旧乾邸周辺(住吉山手)の見所ガイド