秋のコープこうべ食品工場まつりに参加しました。 
 秋のコープこうべ食品工場まつりは、
   開催日時:2008年10/18(土) 10:00〜15:00、10/19(日) 10:00〜14:00
   開催場所:生活協同組合コープこうべ六甲アイランド食品工場(神戸市東灘区向洋町西 2丁目1)                                                  Tel.078-857-1414
   内容:製造工程の見学や試食、
       パネル展示による、原材料の「安全・安心」確保の取り組みなどを紹介
   参加人数:約 3000人 等の「食の安全を考える」イベントとして開催されました。

 JR住吉駅近くのコープ駐車場から送迎バスに乗って六甲アイランド食品工場に着くと、
  入り口でパンフレットとスタンプラリーの用紙を渡されました。
  スタンプラリーは全部揃うと、抽選でコープ賞品がもれなく当たります。

 まず1階からエレベーターで7階まで上がると組合員集会室があり、
    そこが大試食会場となっていました。
    子どもさんたちがパンなどを楽しそうに試食していました。
 写真中央に「20周年」という表示があるのは、 
    最新設備を備えた六甲アイランド食品工場が完成したのが今から 20年前、
    1988年(昭和 63年)だったから。    

  食品偽装など、食の不安が高まるなか、多くの人がイベントに参加、
     会場は確かに混雑していましたが、
     時間を区切って調整されていて、待ち時間もなく、スムーズに先に進むことができました。  

 中央に紙のお皿とコップ、フォーク、ミネラルウォーターなどがあり、それぞれ好きな食品を試食できます。
    お祭りの屋台に例えたら、@こんにゃく類 A小麦の森のパン B菓子パン、欧風パン、和洋菓子 
    C豆腐、豆類 D豆腐コーナー E食パン などのお店がぐるりと並んでいました。 

   食品工場のパン製品です。わたくし的には常食しているものもいくつかありました。       

    おでんとラーメン、パンを試食して、お腹がいっぱいになりました。

   工場見学者は食品工場の中には入れません。
        ガラスごしに、菓子パン醗酵室の設備を見学しました。
        醗酵室は室温が高く、その熱気が見学者のところにも伝わってきました。             

    この場所は髪の毛が落ちてはいけないということで、見学者にもキャップが配られました。                             食品工場のにわか社員になった気分です。 

     順路に従い、次々と見学していく人たち。                          

     職員さんがあわてもせず、のんびりとでもなく、的確に作業をこなしていました。                   

  コープのお豆さんは甘みが少なくてヘルシーです。
     六甲アイランド食品工場では、
     うどん・そば、豆腐・揚げ、こんにゃく、納豆、総菜、食パン・菓子パン、
     洋菓子・和菓子、クッキーなど、現在約 500品目の商品を生産しています。
     1924年から続く自己生産の歴史・伝統を守って、安全な品質とおいしさへの挑戦が今も続いています。

  六甲アイランド食品工場では環境問題にも積極的に取り組んでいるそうです。
     パネル展示によると、
     「水を創る」…工場で使った後の水をきれいな水にしてから川に流す。
     「エネルギーを創る」…廃棄物を償却・埋め立て処分せず、電気や熱エネルギーに再利用する。
                  ガスエンジンによる自家発電、その熱を冷暖房や冷温水に活用するなど、
                  無駄のないエネルギー利用を行う。
  コープこうべは省資源、廃棄物削減、地域環境への貢献などに取り組み、
     環境保全に関する国際規格「ISO14001」を1999年に取得しました。

  六甲アイランド食品工場「食品廃棄物処理設備」の概要説明。
      廃油を熱源にしておからを乾燥させ、良質の家畜飼料に再資源化する施設、
      廃棄物を発酵させて出たメタンガスを発電に利用する施設が2003年から稼動。
      これにより廃棄物の処理コストは大幅に軽減され、
      約96%のリサイクル率を誇る「環境にやさしい工場」となりました。
  見学する前には知らなかったことを、係員さんの説明で知ることができ、見学に来てよかったと思いました。

   ここは食品の包装袋を作る工程です。
        包装袋の中まできれいに洗い、清潔な状態にしてから食品を包装します。
        こんなところにも食の安全確保への配慮がなされています。

   帰りの送迎バスを待っている間に、ぬいぐるみの人形が子どもたちを楽しませてくれました。
       写真右側にある車は、ちびっこが乗れる小型バスで、工場の周りを走ります。

  食品工場の商品を即売していました。お得です。

  最後になりますが、
     今日は、コープ食品工場の良さ、及びコープこうべの食の安全、安心への取り組みが身近に分かり
     とてもよかったです。 
     直営工場を持つ生協は他にはないそうです。
     私も、毎日とはいわなくても、コープに買物に行こうと思いました。                 

  コープこうべ六甲アイランド食品工場見学をご希望の方は、以下の企画をご利用ください。

  コープこうべ六甲アイランド食品工場見学案内
      見学日:以下を除く毎日 〈年末年始・盆期間・設備メンテナンス日・日曜日〉
      見学時間:午前10時〜12時 午後1時〜3時 (午後の場合、ラインが動いていないことも)
      見学内容および所要時間:1)工場の概要説明・ビデオ視聴
                      2)生産ライン見学
                      3)試食・質疑応答
                      合計時間約2時間(時間に制約がある場合は要事前相談)
      配布資料など:パンフレット(子供向けあり)
      見学人数:15名〜50名 6カ月前から電話にて受付
      申込:コープこうべ六甲アイランド食品工場   078-857-1414
                               メールアドレス:konishi@kobe.coop.or.jp
      アクセス:神戸市東灘区向洋町西2−1
            六甲ライナー「アイランド北口」から西へ徒歩20分
            JR「住吉付近から職員送迎バスあり(詳細は申込時に要確認)
            駐車場なし(観光バス1台<要予約>)
      見学料:無料
      ユニバーサル対応:車椅子の見学可(専用トイレ<台数制限あり>)
      海外からの見学者への対応:要通訳同伴 英語ビデオあり
  特集・神戸イベント写真集
 第41回 きたきたまつり
 神戸ビエンナーレ 2013
 神戸ジャズストリート 2011
 神戸まつり 2011
 神戸マラソン 2011
 灘の酒蔵探訪 2009
 板宿盆踊り大会 2009
 妙法寺川さくらまつり 2007
 源平・歴史ウォーク
  一の谷合戦・坂落としコース
 モザイクジャズフェスティバル
 湊川神社楠公武者行列 2007
 神戸南京町春節祭 2007
 神戸花鳥園ガイド
 神戸空港開港 2006.2.16
     ホームへ

     秋の
   コープこうべ食品工場まつり 2008