露 草
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
     2022年 秋 ( 1 )   *  
 ゆきあひの橋や 渡るも天翔けて
 逢ひにゆく 鵲の橋 揺らしても
 ゆきあひの橋や をのこの影白し
 彦星や 星の王子の 住むといふ
 女星へ 億光年の 逢瀬行
 星今宵 胸の炎が 星となる
 星の妻 肩をだくには 君遠く
 星合の 空に浄暗あるを 疑はず
 神の地の 瓦礫累々 秋の蠅
 秋の蠅 木切れ二本の 十字架に
 爆忌来る 神すら黙す 聖廃墟
 浦上忌 神も燃ゆるを まぬがれず
 浦上忌 妻子爆死の 証明書 松尾あつゆき『原爆句抄』
 ナガサキ忌 紙切れのみが 遺りゐて
 ケロイドの 胸にロザリオ 汗かかず
 被爆せし マリアの祈り ナガサキ忌
 露草や 骨を拾ひし 手で祈る
 八月に 爛れし神が 祈るとや
 西瓜熟る 叩けば甘き 音がして
 後ろ手に のぞく古井戸 西瓜冷ゆ
 井桁より のぞく水底 西瓜冷ゆ
 南極を 見事外して 西瓜切る
 西瓜食む 上目遣いに もの言ひつ
 水つぽき西瓜や 多き種を吐く
 西瓜食ふ 口より種を 連射しつ
 縁側は 種吐くところ 西瓜食む
 口端より 庭地にこぼす 西瓜汁
 秋暑し アイロン今も 余熱もち
 小さき手で ののさま拝む 墓参
 盆秋や 先祖の魂は 山にあり
 右側に 弱く傾ぎて 瓜の馬
 盆踊る 腰でさばくが 阿波男
 盆踊り 猿まね俳子を しんがりに
 網来ても うしろに引けぬ 盆とんぼ

    2022年 夏(16)へ  TOPへ   2022年 秋(2)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
    冬1 / 2
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1