ゲンジボタル
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホーム
     2022年 夏 ( 8 )   *  
 川の辺の 草間にひそと 昼蛍
 羽乾く 昼の蛍や 川細る
 草深き 蛍の川や 水匂ふ
 昼蛍 葉裏隠れに 闇を待つ
 川奥の 闇美しき 蛍狩
 川音に つかず離れず 蛍追ふ
 身を立てて ふらりゆるりと 蛍飛ぶ
 蛍火や 逢魔が刻の 川の辺に
 叢の 闇より湧きて 蛍の火
 飛ぶほどに 闇を深めり 夕蛍
 薄闇を 深く濃くして 夕蛍
 火ともして 貌なぞ見せぬ 姫蛍
 尻火して 沢の蛍ぞ 群れ騒ぐ
 人群れて ひとりさびしき 蛍の夜
 奥平野 平家蛍の 舞ふといふ
 森闇に 点滅激し 姫蛍
 点となり 線ともなりて 蛍の火
 蛍飛ぶ 星と光を 競ふかに
 火の蛍 飛べば恋路の 闇動く
 高みへと 上りつめてや 添ひ蛍
 叢の 闇に忘我の 連れ蛍
 またひとつ 蛍火放つ 川面闇
 昂ぶりを 抑えきれずや 蛍追ふ
 つなぐ手の 握れば融くる 蛍の夜
 蒼き夜の 迷ひ蛍や ひとつ飛ぶ
 蛍の火 近寄りがたき 闇間もち
 さびしさの 極むるひと夜 恋ぼたる
 風立ちて 今宵は荒き 恋蛍
 雨催なれば 蛍の火ぞ潤む
 秘め事は 闇夜の底に 身を潜め
 軽くなり 重くなりして 恋蛍
 蛍火は 真すぐに飛べず 恋の火も
 患ひの 胸の虚ろに 飼ふ蛍
 さびし背に 蛍火ひとつ 灯すひと
 火ともすは 蛍の星と 思ふべし
 手移しに もらう蛍や 温かし
 手囲ひの 蛍いとしや 十五の夜
 姫蛍 包むてのひら 柔らかし
 縁先の 暗がりに置く 蛍籠
 狭き家に これまた狭き 蛍籠
 囚はれて いのち火燃やす 籠蛍
 蛍籠 ゆすりて蛍 燃えたたす
 気のふれて 逆さに吊るす 蛍籠
 蛍籠吊れば 命の闇生まる
 わが魂は 闇に消えゆく 蛍とも
 老い果の 息かすかなる 闇蛍
 蛍病む 闇の湿りを 胸に吸ひ
 死に人の 魂の数ほど 蛍飛ぶ
 闇抱きて ひと夜寝ねなば 蛍死す
 蛍は横に 焼夷弾は 垂直に 『火垂るの墓』記念碑  
 蛍死す 焼夷弾に 人焼かれ
 妹死すや 蛍と闇を 同じうす
 かの世より この世に迷ふ 蛍の火
 ほうほうほたる 蛍はほうほうほう
 骨壺の 骨は黒きか 蛍死す
 闇に死す 妹が蛍や 昭如忌
 雨の夜や 蛍となりて 水子来る
 蛍火を追ひて 水子の魂消ゆる
 星を恋ひ 闇に落ちゆく 草蛍
 明滅の あとは滅々 蛍死す
 闇青き 雫となりて 蛍死す
 死に蛍 ひかり発する こともなく
 ゆく水に 屍さらせり 草蛍
 草蛍死して 川面の闇匂ふ

    2022年 夏(7)へ  TOPへ   2022年 夏(9)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
    冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1