森林植物園
    ・シアトルの森
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホーム
     2022年 夏 ( 5 )   *  
 万緑の中や ローカル電車行く 神戸電鉄
 万緑を 紅一点の 山ガール
 万緑や 崖の上より ヤツホーホ
 緑陰の 空は細切れ 薄みどり
 森なかの 緑蔭といふ 休息所
 緑陰や 図書室にある 小さき森
 緑陰に座す たましひの青むまで
 緑陰に眠れや 静か樹木葬
 下闇の 底ひに強き けもの臭
 下闇の 抜け穴のごと 沢一条
 正成の 自刃の地にや 青時雨 兵庫区楠谷町
 滴るや 鍾乳洞の 奥深く
 滴りて 鍾乳石は 石柱に
 悠久の 時を刻みて 滴れる
 滴りの 一光一打 音無音
 滴りは 山の泪に あらずして
 滴るや 真水となりて 流れそむ
 霊山に 滴りてより 海めざす
 滴りの しづく満つれば 水の星
 滴りを我に 命の涸れぬやう
 水底の 砂塵が乱舞 しみづ湧く
 清水湧く 水はいのちの 基にて
 泉湧く 音なく砂を 巻きあげて
 夏の川 流線形の 魚ばかり
 踏み跡の 滑りやすきは 滝の道
 一滴の水 一瀑となりて落つ
 滝の上に滝あり 轟あひ和せり
 岩壁の 喉元落ちて 滝なせる
 水踊り 水またしぶき 滝と落つ
 滝壺や 光の粒の 飛び散りて
 とめどなく落ち 滝壺の水増えず
 腹腔に 響く水音 滝暗し
 神宿る滝や 畏れて近寄れず
 鰓呼吸 するてふ人魚 青時雨
 青時雨 枝に珠なす 雨しづく
 青時雨 深山の木々の さはさはと
 青葉潮 砲台古りて 筒持たず 和田岬砲台
 青葉潮 砲筒いまだ 火を噴かず
 折りとれば 乳汁しげき 夏薊
 そこにある だけで怪しげ 蛇苺
 蒲公英は 夏の二番花 三番花
 咲き継ぐる 夏たんぽぽの 花小さし

    2022年 夏(4)へ  TOPへ   2022年 夏(6)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
    冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1