イチハス
 
       
     竹の花
 
      
     若草山
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホーム
     2022年 夏 ( 4 )   *  
 田の神に 心で祈る 田植の夜
 海からの 風が広ぐる 麦の秋
 痩せ畑の 神のいたづら 黒穂抜く
 麦秋や 石蹴りの石 高く撥ね
 麦秋に 落つる子のなき 落し穴
 麦秋に 置いてきぼりの 子がひとり
 麦刈や 胸の奥まで むず痒き
 麦秋や 痒きところに 触れにくき
 目に豊か 腹に貧しや 麦の秋
 ふるさとも 麦の秋とや バンドゥーラ
 人は堕つ 小判草てふ 地獄へと
 小判草 会えばお金の ことばかり
 水郷の 雨に濡れたる 花あやめ
 紫の 匂ふがほどに あやめ濃し
 あやめ剪る 切れ味悪き 花鋏
 一八や 伸るか反るかの 大勝負
 卯波割る 舳先に女神 「紺青」像 海王丸の船首像「紺青」
 金色の 女神「藍青」 明易し 日本丸の船首像「藍青」
 明易や 荷役終へたる 貨物船
 川細る 山の奥処(おくが)や 姫うつぎ
 卯の花腐し 破れ垣根の 雨匂ふ
 気塞ぎや 卯の花腐し たることも
 卯の花腐し 籠り居に 気のふれて
 脳の蓋 とざさば腐る キャベツ玉
 ふるさとの 海は穏やか 花蜜柑
 セブンティーン 蜜柑の花の 匂ひ立つ
 苞にせむ 太くて長き 筍を
 苞にせむ 咲くも稀なる 竹の花
 冥土への 土産によきか 竹の花
 こぼるるや 廃れし家の 花南天
 喜びを 分かてば甘し さくらんぼ
 青梅の お尻キュートで はすつぱで
 あをによし 奈良の背山や 草青む 若草山
 蕗青し コロボックルの 雨宿り
 儒礼せり 青芝陵に 手をついて

    2022年 夏(3)へ  TOPへ   2022年 夏(5)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
    冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1