牡 丹
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホーム
     2022年 夏 ( 3 )   *  
 緋牡丹や 色をほどきて 香を放つ
 仮の世の 色にしあれど 緋の牡丹
 緋牡丹や 博徒のやうに 風を切り 藤純子主演『緋牡丹博徒』
 緋牡丹は 花襞よりも 金の芯
 仁義なき 博徒の背にも 緋の牡丹
 黒み帯ぶ 紅の色して 黒牡丹
 黒牡丹 黄色どぎつき 花芯もち
 紛乱の 色を排せり 白牡丹
 慈悲に色 あれば即ち 白牡丹
 日に揺れて 月に鎮むる 白牡丹
 月光に 神々しくも 白牡丹
 神苑に 神慮に叶ふ 白牡丹
 ふりそそぐ 日にぞたゆたふ 白牡丹
 牡丹美し 佳人麗人 寄せつけず
 白牡丹 いのち燃やすも 静かなる
 百咲いて 牡丹の白の ゆるぎなし
 一花にて 牡丹長者の 誉れあり
 一重八重 千重が大輪 ぼたん園 明石・薬師院
 ぼうたんの 花影ゆたかに 薬師院
 ぼうたんに 人は寄りても 蝶寄らず
 ぼうたんや 襞の深きに 虫宿す
 恍惚と 牡丹の芯に 虫ひとつ
 富貴草ゆるれば 胡蝶みだれ舞ふ 葛飾北斎『牡丹に蝶』
 早逝の 君を思へば 深見草
 緋牡丹や おのが重さに うなだれて
 ぼうたんの 首は細しよ 剪れば鳴る
 牡丹剪る すがるる姿 見るよりは
 牡丹剪る 色香失ふ その前に
 人の世の 栄華盛衰 ぼたんにも
 牡丹より 離れがたきを 知る夕べ
 ぼうたんの 白きが溶くる 夕かげり
 ぼうたんの 崩れむとして 闇が中
 崩るるや 牡丹色香を 尽くすとき
 ひとひらの 欠けて牡丹の 総崩れ
 崩るるも 花王が定め 大牡丹
 ぼうたんの崩れて 庭の暮色急
 気高きは 崩れやすしよ 牡丹散る
 牡丹散る 心乱るる 刹那にも
 ぼうたんの 散りゆくきはの 色見たり
 散華せし牡丹や 金の蕊残す
 金蘭の 咲くも散れるも いつしらに
 地を曳きて これはこれはの 浦島草
 夏天へと 神の翼を 得しごとく 神戸まつり
 夏空へ 愛のかたちに 羽開く
 夏天へと サンバ娘の 欲るがまま
 天空の サンバ娘や 風涼し
 母の日や どんなときでも 許さるる
 母の日や 吾にもやさしき 血のめぐり
 母のなき 鹿の子あはれや 乳首欲る

    2022年 夏(2)へ  TOPへ   2022年 夏(4)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
    冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1