カルミア
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
     2022年 夏 ( 2 )   *  
 樟若葉 生田の森に 薄日さす
 古き家の 形がままに 蔦若葉
 それぞれに 丈を違へて 草若葉
 庭若葉 君にぞ開く 窓がある
 テラニウム ライトに浮かぶ みどりの夜
 青と黄の 国旗を振れば みどりの夜
    ウクライナ戦争によって、21世紀の戦争の野蛮と狂気と
    悲惨が、如実のものとなりました !
 ウクライナ 国歌悲しも 五月闇
    ウクライナは滅びず,その栄光も,その自由さえも!
    …一部略…我等の敵は日差しの下に浮かぶ霧のように消え失せるだろう
    兄弟よ,我等自身の国を統治しようではないか。…以下略…
 霊叫ぶ カティンの森の 木下闇
    ポーランドは1939年、ナチス・ドイツとソ連の両国によって攻撃され、
    全土が占領下に置かれた。1940年、ポーランド軍将校など
    22000人の捕虜が、ソ連軍によってカティンの森で虐殺された。
 voi ch'intrate みどりが中の 地獄門 国立西洋美術館
 書開けば 伐り倒されし 新樹の香
 薫風や 時代を映す 街並みに
 薫風や どこでもドアを 開くかの
 窓開く 五月の空の 明るさへ
 窓開けて 五月の海を まのあたり
 風五月 シャネルグッチに ルイ・ヴィトン
 あえいうえおあお 五月の空へ 老が声
 十里飛び 五月の蠅が うなり来る
 街薄暑 胸まで届く 束ね髪
 空飛ぶや 一本釣りの 初鰹
 腑抜けしよ 神戸で食す 初鰹
 深炒りの新茶や 香り濃く深く
 方丈の 一味同心 新茶のむ
 新茶のむ 臍に納むる 侘びと寂び
 直心の 交わりあらば 古茶の庵
 わが胸に 棲むひといづこ 君影草
 茅花流し 藍那が原の なだらかに
 紅薔薇の花芯 ひかりの渦をなす
 紅薔薇の咲くか ロシアンルーレット
 黒薔薇の ブラックホール クライシス
 薔薇の香や 小鼻を寄する までもなく
  カルミアの 百花つどひて 一花めく

    2022年 夏(1)へ  TOPへ   2022年 夏(3)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
    冬1 / 2
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1