キゴシガガンボ
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
     2022年 夏 ( 12 )   *  
 飛びとびの木々 切れ目なき蝉の声
 日がな一日 切れ目なき蝉しぐれ
 山寺や 日がな一日 蝉の声
 降るやうに また湧くやうに 蝉しぐれ
 脱皮せよ 蝉が古殻 脱ぐやうに
 夕蝉や 石積むのみの 墓ひとつ
 蝉穴に 残る霊気の 黒々と
 蝉の穴 地霊の抜けし 跡めきて
 つまみとる 二指に軽ろしや 蝉の殻
 空蝉を 蒐めて鳴らす 籠の中
 羽蟻飛ぶ 建付け悪き 俳子庵
 夏蝶や 風の隙間を ついて来る
 夏の蝶 花にさはらず 香をかかず
 黒揚羽 舞ふを見ている みずら髪
 青空を見て 夏蝶を見失ふ
 力尽くまでを 燈蛾のご乱心
 なむあみだ 蠅が手をする 尻をふる
 疎まれて 蠅は天下の 蠅となる
 藪蚊来る 膝を打ちても 策はなし
 藪蚊来る 痩せたるひとの 声避けて
 ががんぼに 触れなば折れて 壊るやも
 ががんぼが死ねば 七節虫しゃしゃり出る
     ががんぼ(夏)、七節虫(秋)
 穀象の 貌もつ男 穀つぶし
 穀象も 米を食らひて 用無さず
 ごきぶりは厭 にんげんはもつと厭
 蟻地獄 砂の女の 棲むといふ
 蟻地獄 情にほだされ 墜つるてふ
 蟻地獄 飢えたる時は 砂を噛む
 無慈悲にも 地獄に垂らす 蜘蛛の糸
 刺青の 女の手より 赤蠍
 刺青の 男の背より 青大将
 くちなはや 鼠の叫び 丸呑みに
    くちなわは蛇の異名。
    蛇は朽縄に似ていることから、そう呼ばれている。
    口が付いた縄のような生き物の意味からではないらしい。
 八の字に 水尾引きながら 蛇渡る
 早む瀬を 頭ぬらさず 蛇渡る
 謎多きひとや 白蛇を飼ふといふ
 五尺余や 徹頭徹尾 蛇の衣
 ぶち切れて 井守のやうに 再生す
 窮しては 蟹の横這ひ 横睨み
 心臓に 手足がはえて 蛸踊る
 魂抜けの くらげ骨なし 漂へり
 かつさばく 鯵のはらわた 我も持つ
 田水沸く 逃ぐる泥鰌の 泥けむり
 石段の 片蔭折れて ひん曲がる
 片蔭を はみ出すおのが 影を踏む
 片蔭男に 日蔭の女かな
 日蔭より 路地に水打つ 放射状
 打水を 吸ひて裏道 匂ひたつ
 噴水の白き直立 泡の燦
 噴水や 光の粒を 散らしたる

    2022年 夏(11)へ  TOPへ   2022年 夏(13)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
    冬1 / 2
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1