ニホンアカガエルの卵塊
 
      
  尻尾でぶらさがる猿
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
     2022年 春 ( 8 )   *  
 浮上せし 刹那や海女の 息爆す
 春磯を 岩礁づたい 波づたい
 春磯の 波高からず 低からず
 人間を 休むひと日や 春の波
 遠慮なく あがれあがれと 汐まねき
 数珠状に 卵つらねて 蛍烏賊
 産卵に いのち賭くるか 蛍烏賊
 新月や 陸に身投げの 蛍烏賊
 弓形の 砂浜駈けて 浦の春
 海の香を 背負ひて登る 春の山 旗振山
 ふるさとは 今もふるさと 水草生ふ
 産卵や 蛙がつむぐ 命の緒
 列なすも 音に乱るる 蝌蚪の陣
 にごり絵や 尻尾の揺るる 蝌蚪の国
 蛙鳴く田あり 農継ぐ人はなし
 蛇出でて ぴんぴんころり 擬死蛙
 蛙反る 御尤もとは 思へども
 唐突に 水驚かす 蛙かな
 沼池や 蛙逃げこむ 泥けむり
 人は尾を 蛙は臍を 持たざりき
 夕蛙 ひねもす鳴きて 飽きもせず
 亀鳴くや 夜に日が出て 沈まざる
 亀鳴くや 天動説の 使徒となる
 亀なくや 閻魔に舌を 抜かれしと
 蜷の道 のなりくらりの 泥天使
 春の蝶 ドローヒッチの 結び目に
 蝶結び 解きて花より 春の蝶
 遥か来て 空に吸はるる 蝶ひとつ
 絵本より 蜜蜂マーヤ 飛び出づる
 蜜蜂の よくぞ集めし 百花蜜
 春の蚊の 動き嫋やか 放免す
 永き日や 日がな一日 椅子に座し
 永き日の 浅瀬に遊ぶ 兜蟹
 永き日の象や 数多の糞たれて
 日溜まりを のたりのたりや 春の象
 猫の子や ニャーンと呼べば ニャーと鳴く
 のどけしや 鼻木を引けば 牛が来る
 のどけしや 猿は尻尾で ぶらさがる
 のどけしや 夕日隠れに 小舟ゆく
 老いぬれば 夢千金の 朝寝かな
 朝寝すと思へば 祖母の大往生

   2022年 春(7)へ  TOPへ   2022年 春(9)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
    冬1 / 2
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1