ミモザ
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
     2022年 春 ( 3 )   *  
 目を閉じて 天の沙汰待つ 受験の子
 啓蟄の 闇より出でよ 恋の虫
 春津波 逃げざる山へ てんでんこ
 春怒涛 岩にとりつく 波がしら
 空海忌 山より高き 雲ひとつ
 空海忌 こころの澄めば 書も澄みて
 悟りとは 無縁の日々や 空海忌
 願はくは 春に漂ふ 雲に乗り
 卒業す あの娘はとらぬ 胸ボタン
 校庭へ 深く一礼 卒業す
 制服を 脱ぎて晴れやか 春動く
 実行キー 押せば完了 卒業す
 将来を 立つる人たれ 卒業す
 疾走す卒業といふ 通過点
 コロナ禍や 十五の春を 愉しめず
 遍路ゆく 過去の自分を 捨てながら
 風船や 夢売り人が 笑ひ来る
 風船に 息の限りを 入れにけり
 父の息 こめし風船 子に渡す
 風船や 去りゆくものは 帰り来ず
 集めたし 吾子浮くほどの 風船を
 紙風船 へこむがままに 宙に浮き
 春天を 音なくゆるり 飛行船
 海よりの 風を掴みて 喧嘩凧
 シャボン玉ゆがみて 恋の夢爆ずる
 臨界を 超えて弾けり シャボン玉
 海を向く 透かし窓より 春の風
 大仏の 尊顔よりかや 春の風
 靡くもの つき従へて 春の風
 春雨や をみなも濡れて 行きたがる
 堰堤の 境なきかに 春の水
 春水に 沿ふ谷道を 二十渉 トエンティクロス
 促音撥音拗音 春の川
 吾子の春 ペンギンさんが よちよちと 神戸どうぶつ王国
 六甲の 風がみがきし 辛夷の芽
 真っ白な 辛夷開けば 空青し
 眠たしや 出窓がそばに 花辛夷
 早咲きの 綻び著き 幣辛夷
 咲き倦みて 空まで汚す 幣辛夷
 日のあたる 川の斜面や 花片栗
 かたくりや 色手放して 夜眠る
 踏みさうに なりても踏まず 犬ふぐり
 踏まれても 色失はず 犬ふぐり
 小にして 青を尽くせり 犬ふぐり
 犬ふぐり 天日ひろく ゆきわたり
 淋しくば 君に捧げむ 犬ふぐり
 夕づつや 白木蓮の 暮れ残る
 木蓮の 花芯に宿る 菩提心
 重き朝 ミモザの風の 騒めきて
 どの花も はじめての花 初蝶来
 光より 生まれて蝶は 空に舞ふ

   2022年 春(2)へ  TOPへ   2022年 春(4)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
    冬1 / 2
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1