菜の花(しあわせの村)
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホーム
     2022年 春 ( 3 )   *  
 ドラマティック サイクルロード 駆けて春 つくはら湖
 駅ピアノ 十指が先に 春はずむ
 春の指 顔を洗ふも 身装ふも
 恋はじめ 胸つきだして 春セーター
 うしろより 緩く抱かれて 春セーター
 ぶかぶかの 春セーターや 吾子の恋
 八雲立つ 出雲が春や 君娶る
 連れ添ふる 君が歩幅に 春いくつ
 暖かや もしもしだけの 糸電話
 暖かや 地蔵の赤き 涎掛け
 暖かや 投げ銭多き 大道芸
 こんにちはから さやうならまで 暖かし
 暖かや 湯上りの子の 湯気ほのか
 足裏と 掌にある窪み あたたかし
 子を負へば 月なき夜も 暖かし
 耕すや 土の暦日 めくるかに
 耕すや 荒れ地になるを 諾はず
 耕すや 天地返しの すみし畑
 耕すや 天地返しの 土笑ふ
 牧場を 駈けし羊や 春孕む
 片やオリーブ 此方ポパイや 菠薐草
 北窓を 開けば背山 柔らかし
 家中の 春の障子を 開けはなつ
 まんさくや 十指開きて 閉じもせず
 西郷や 花菜明りの 上に灘
    西郷は灘五郷のひとつ。
    他に、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷がある。
 月出でて 花菜畑の 西東
 明るくて 幸せさうで 菜の花黄
 兵庫津の 花菜明かりへ 帰帆船
 西行忌 花の地獄に 囚われて
 西行忌 花の奈落へ 墜ちゆける
 梅開く 空海の息 かかるたび 弘法大師 修法の地
 空海の 跡訪ひたまへ 梅二月
 梅いちりん 眉を寄せたる 盆栽士
 梅咲きて 運河の風は 東より
 天つ日に ゆるびて白し 梅の花
 白は下に 紅は目上に 観梅会
 願ひとつ 天神さまの 梅仰ぐ 綱敷天満宮
 目開けば梅 目閉づれば鳥の声
 鶯と 梅の連立 方程式
 鶯や 人声いまだ 聞かざるに
  一の谷 渡るは九郎 うぐひすか
 紅梅の 崩れて散りぬ 平家墓所

  2022年 春(2)へ  TOPへ   2022年 春(4)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
    冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1