三宮発USJ行きバス
   春の七草
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
    2022年 新年・冬 ( 2 )   *  
 せりなづな すずなすずしろ 後言へず
 三遷のはは 校庭の薺摘む
 せりなづな すずなすずしろ 粥が白
 七草の みどり走れり 粥が中
 ゆづりはや 余白の多き 自前遺書
 幼には 切るに切れざる 鏡餅
 水餅の 水の濁りに 気の沈み
 水餅や 焼けば膨れて 湯気蒸気
 幸少し 福も少しや 宵戎
 山茶花や 肩をすくめて さやうなら
 山茶花の 散るか散らぬか 夜の道
 腹ペコの ふくら雀が 樹に群れて
 電線の ふくら雀が 風に泣く
 嗚呼ああと 嘆くでないぞ 寒鴉
 白きもの 集めて寒き 田の面かな
 老骨の 髄までしむる 寒さかな
 奥須磨の 雪夜の闇に 翁面 車大歳神社
 漆黒の 空が蓋する 里の冬
 黒革の 手帖はこちと 黒手袋
 怪しくも 市内某所に 黒マスク
 マスクして 笑ひ失ふ 人となる
 妻帰る マスクで隠す 内緒ごと
 マスクして 顔半分の 海坊主
 マフラーや 首締むるには 軟すぎて
 吊るされて 革外套の 腑抜けやう
 着ぶくれて 老躯に帯ぶる 静電気
 身ぶくれの 上に着ぶくれ 老深し
 身ぶくれに 着ぶくれを足す 老盛り
 懐手 智者不言と うそぶきつ
 無精ひげ 撫でてよりかや 懐手
 小銃を しのばせ竜馬 懐手
 声あげて泣きつ 水洟すするひと
 水洟や 餓鬼大将の 袖が先
 嚏すな 活断層が 動きだす
 寒朝や 今も解かざる 心の喪 2022.1.17
 怒りても 諦めゐても 息白し
 悴めり 子の手を包む 母の手も
 狼の あと追ふやうに 人滅ぶ
 ああでもなく こうでもなくて 霙かな
 海しぶく 奥須磨さぞや 雪ならむ
 地吹雪や 白が視界を 突き抜ける
 肉球の 跡が点々 雪の朝
 風雪の 稜線長し 攀じ登る
 雪嶺や 登りえずして 帰り来し
 柔らかに 音なく積もる 飛騨の雪 飛騨白川郷
 雪吊の ゆるびてなほも 雪降れり
 転ぶひと 笑ひて転ぶ 雪の朝
 老若も 男女も問わず 雪を掻く
 除雪夫や 空の重さに 背をかがめ
 掘りこめば ほのかに青き 雪の洞
 新スキー 滑るもエアも 後ろ向き
   エアリアルは、空中演技を競うスキーのフリースタイル競技の1つ。
   バックで滑走して来て、空中で5回転して、後ろ向きに着地したりする。
   とても人間技とは思えない。北京冬季オリンピック 2022開催中
 Fly high 雪原に舞ふ 鳥となり
 パシュートの娘ら 冬の蜘蛛のごと滑る
 烈風の 磨きし闇や 寒北斗
 寒北斗 地球まはれば 北天も
 極北の 空にしあれば 星冴ゆる
 南天に ひふみよーいつ 六連星

  2021年 新年・冬(1)へ  TOPへ   2022年 新年・冬(3)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
    冬1 / 2
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1