南京町ランターンフェア
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 冬 ( 6 )   *  
 ぼろ市や なか空洞の 招き猫
 ぼろ市や 天使の羽が 格安で
 キャッシュレスとは 貧のことかと ボケの冬
 野暮用と 云ひて出かける 日短
 短日の 順番待ちの 豚饅屋
 短日や きゃりーぱみゅぱみゅ みぱみゅぱみゅ
 短日の 書類粉々 シュレッダー
 鼻眼鏡 越しに見上ぐる 冬時計
 舶来の 時計チクタク 日短
 夕闇が 山の影呑む 日短
 短日の 影につまづく 日なりけり
 暮早し 過去と未来の 交差点
 暮早の 目力奪ふ 闇とばり
 暮早の 門を閉ざすも 念入りに
 神すらも 空に磔 冬星座
 冬月や 竜骨折れし 老朽舟
 冬月や 死より生まるる 生もあり
 うすら日の 安らふところ 花八手
 山眠る 噴火間近の 気配秘め
 ドローンが 俯瞰の山の 深眠り
 闇汁や 狸煮られて 薄嗤ふ
 痴話げんか 沢庵かめば 大き音
 湯豆腐の 欣喜雀躍 煮あがりぬ
 今生の 不遇は言わず おでん酒
 鰭酒や シーラカンスは 鰭八つ
 熱燗に 眼輪筋を 緩めけり
 熱燗や 泳ぐ真似して 遠家路
 煤逃の 仔細は聞かず 酒交はす
 笑つてと 言はれて冬の 顔歪む
 年つまる 南京町の 灯が好きで ランターンフェア

    2021年 冬(5)へ  TOPへ   2021年 冬(7)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1