飛来した水鳥
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 冬 ( 2 )   *  
 隠沼に 墜ちてたちまち 浮寝鳥
 ぶつかりても 共に乱れず 鴨の陣
 時とまる ぼどの潜水 かいつぶり
 平らかな 水面破りて かいつぶり
 闇よりも 黒き水あり 冬の沼
 梟や 闇のふくらむ 森を飛び
 波寄する 浜の千鳥の 脚長し
 刻々と タイムラプスの 冬夕焼
 錨泊の 船にくきやか 師走の灯
 立喰ひの 客にぶつかる 師走かな 神戸南京町
 淀川や 川より低き 冬燈
 冬帽を 脱ぎても素顔 そこになく
 人混みに まぎれて去りぬ 冬帽子
 セーターの 膨らむ方に 日が当たり
 セーターや 心のいびつ 隠しくれ
 蒲団干す 寝相悪きを さらすかに
 漱石忌 髭豊かなる デスマスク
 初氷 手水舎の水 透き通る
 赤き実の 綺羅を封じて 初氷
 霜降るや 星の雫を 凍らせて
 十二月 街に横丁 裏通り
 ふところの 財布の中も 十二月
 財布には 小銭じゃらじゃら 十二月
 キャッシュレスとは 貧のことかと ボケの冬
 短日の 影につまづく 日なりけり
 冬月や 死より生まるる 生もあり
 闇汁や 狸煮られて 薄嗤ふ
 湯豆腐の 欣喜雀躍 煮あがりぬ
 熱燗に 眼輪筋を 緩めけり
 熱燗や 泳ぐ真似して 遠家路
 痴話げんか 沢庵かめば 大き音
 冬至の夜 養生訓を 手放さず
 終ひ湯や 腑抜けの柚子を 遠ざけて
 笹の葉の 平らに霜の 花盛
 数へ日に 小銭数へて 日を読まず
 数へ日や 指折る孫の 片ゑくぼ
 年の瀬の 銀座通り 商店街
 年の瀬の 表通りの 店閉まる
 欲捨てて 欲なほ残る 年一夜
 除夜詣 五欲滅する こともなく

    2021年 冬(1)へ  TOPへ   2021年 冬(3)へ

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4
     春1 / 2 / 3
     夏1 / 2 / 3 / 4
     秋1 / 2 / 3
     冬1 / 2
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1