自然体感展望台
     六甲枝垂れ
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 秋 ( 6 )   *  
 銀漢や 播磨の灘に 足垂れて
 銀漢や 沖行く舟の 水尾が果て
 銀漢の ひとつを抓む 仕草して
 銀漢の 膨張音を 聞く夜更け
 銀漢の かの星よりか 暗号文
 銀漢へ 続く極北 滑走路
 銀漢へ 旅立つひとや 影薄し
 今生の 名残りと仰ぐ 天の川
 人の世の 闇もちあげて 天の川
 星月夜 三角にたたむ 星条旗
 星よりも 水のきらめく 星月夜
 星取るに 脚立たてたき 星月夜
 かざす手に 触るるものなき 星月夜
 光年の 孤独がしづく 星月夜
 異次元の 光が届く 星月夜
 秋爽や 星の光の 粒受けて
 天球を 自在に廻す 星月夜
 星月夜 天動説の 使徒となる
 歪曲する 時間の外へ 星流る
 時空巻く 流るる星を また見むと
 夜半の秋 海境落つる 星の屑
 宇宙塵 あびて爽やか 展望台
        自然体感展望台 六甲枝垂れ
 セブンスター くゆらせし日々 秋澄めり
 遠目にも 塔の風格 秋澄めり
 わが星の 空は球形 秋澄めり
 秋澄みて 乗りたき雲は 見つからず
 秋澄みて 須磨に過ぎたる 海の青
 秋澄むや インディゴブルーの 空深し
 どこまでも 墜ちて底なし 秋の空
 山よりも 海の明るき 須磨の秋

    2021年 秋(5)へ  TOPへ   2021年 秋(7)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1