神戸市立森林植物園
  長谷池の睡蓮
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
       2021年 夏 ( 7 )   *  
 
 241  初蛍 水より出でて 火をともし
 242  わが胸に ほうほうほたる 飛んで来い
 243  蛍飛ぶ 回転椅子の 向く方へ
 244  川闇に いのちを燃やす 蛍の火
 245  恋唄を 闇に競へば 火の蛍
 246  しあわせと 思へば消ゆる 蛍の火
 247  息細き 心の闇に 蛍飼ひ
 248  前世には 蛍なりしと いふ女
 249  さびし夜は 蛍となりて 迷ふとや
 250  うつしみの 内と外とを 蛍飛ぶ
 251  幸うすき 女の目にも 蛍の火
 252  蛍追ふ 闇うつくしき 川辺道
 253  川闇に 飛ぶもかなはぬ 草蛍
 254  生も死も 川闇がなか 草蛍
 255  恋果ての 蛍ぞかかる 水の罠
 256  蛍死す 小さき籠の 深き闇
 257  蛍火の 燃えがらひとつ 拾ふ夜
 258  眼裏に 蛍の棲みて 老いらくに
 259  花蕊を 深く蔵して 釣鐘草
 260  糸とんぼ 水面近くに 風生まれ
 261  五月蠅飛ぶ クレオパトラの 鼻が先
 262  五月晴れ 四隅をもたぬ 江戸の空
     東京スカイツリーにて
 263  ぬばたまの 黒髪匂ふ 五月闇
 264  さみだれて 雨垂れしげき 長庇
 265  五月雨や 濡れて膨るる 雑木山
 266  吹き降りの 五月雨暗し 咎の身に
 267  五月雨や 堰堤水を 溢れしめ
 268  時の日や 電波時計は 堅物で
 269  時の日や 歯車軽く 時刻み
 270  睡蓮の 花開く音 聞こゆほど
 271  鯉が来て 睡蓮池の 水皺む
 272  睡蓮や 水より出でて 水疎む
 273  白蓮や 泥田の匂ふ 朝まだき
 274  底なしの 泥の中にも 蓮の花
 275  寺池の 濁りゆるさず 蓮の花
 276  白蓮の 花芯近きに 悟りの座
 277  仏座す 蓮の高さに 風渡る
 278  白蓮に 極楽よりの 余り風
 279  蓮ひらく 悲しみ深き 時でさへ
 280  眠り姫 目覚むるがごと 古代蓮

    2021年 夏(6)へ  TOPへ   2021年 夏(8)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…俳子俳句セレクション 2021
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019 
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018 
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016 
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015 
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014 
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1