蕗の広葉
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 夏 ( 6 )   *  
 蕗の葉や 雨音高く とぎれなく
 若蕗の 広葉が裏の 小暗がり
 庭かぼちゃ 花は咲きても 実をなせず
 卯の花は腐し ラザロは蘇る
 届かざる 高みに咲くや 桐の花
 天上の ものは遠しよ 桐の花
 天領の 田畑狭しや 桐の花 藍那
 青田中 卵抱くのは 雄の鴫  鴫の季は秋
 青田道 空まで水の 匂ひ満ち
 青田波 ここが日本の 古ふるさと
 もたれあひ 共に倒れず 草茂る
 一茎の 草の茂りは 万里まで
 草のいろ 野を染めあげて 青野なる
 四気筒 バイク全開 青野行く
 野良仕事 投げ出すほどの 草いきれ
 捨て田いま 虫どち騒ぐ 草いきれ
 ふたりして 転ろべば熱き 草いきれ
 卒塔婆の 傾くぼどの 草いきれ
 不時着の恋 痛恨の青時雨
 葉隠れの コロボックルや 青時雨
 青桐や 里に古りたる わが母校
    わが母校が広島市立仁保小学校と呼ばれるようになったのは、
    昭和22年からですが、開校は古く、明治5年とのこと。
    小生が学びし頃には、講堂のまわりにアオヤギの木が茂っていて、
    その実を採りたいと、仰ぎ見たものでした…
 青蔦の 窓より君が 手を振れる
 万緑の 葉々に艶あり 響きあり
 万緑を揺らして 放歌高吟す
 万緑や 痛し痒しを 吾子言はず
 万緑の一樹 枯寂の一孤老
 万緑の中や ゆるりと露天湯に
 万緑の 中を一条 がけ崩れ
 万緑の奥や 山姥髪乱す
 万緑に とり残されて 湖青し
 緑蔭の 瞑想破る 蠅の音
 緑蔭を 出できし陰や 濃紫
 下闇や 底ひに霊の 蠢ける
 下闇や 悪霊黒き 血を流し
 下闇や 色重なれば 黒になる
 下闇を なほ暗くして 風抜くる

    2021年 夏(5)へ  TOPへ   2021年 夏(7)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019 
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018 
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016 
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015 
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014 
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1