藍染め
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 夏 ( 30 )   *  
 街道を行けば町家の夏暖簾
     湯の山街道(三木)・旧玉置家住宅
 京町家 すこし早おす 夏暖簾
 古簾 声はすれども 姿なく
 吊忍 揺れて駅前 弁当屋
 色十色 ガラス風鈴 鳴りやまず
 風鈴を買へば よき風ついてくる
 しばらくは 風の離れぬ 軒風鈴
 軒風鈴 道ゆく人に 福を分け
 風褒めて 風鈴の音に 憩ふひと
 一睡の 覚めて風鈴 音さやか
 風鈴を はづせば絶ゆる 風の息
 風鈴の 鳴らぬ間合ひの 長かりし
 ゴム銃で 風鈴撃ちて 鳴らしけり
 風鈴や 逢魔が時に 音を鎮め
 夕さりて 風鈴いまだ 鳴らざりき
 熱の子に 来る風柔し 母うちは
 眠る子に 母の団扇も 眠りけり
 魚に鰭 ひとには大き 水団扇
 埒あかぬ ことは遠きへ 白団扇
 嘘隠す 団扇の風の ひんやりと
 媚びを売る 団扇の風の なまぬるく
 古扇なれど 来る風新しき
 嘆かしや ゆるりと廻る 扇風機
 力みても 動かざる風 扇風機
 人あへぐ これで全開 扇風機
 諍ひのさなか 首ふる扇風機
 十二支の 絵柄はなやか 走馬灯
 走馬灯 廻りまはれば 猫も飽く
 肩をもむ 籐椅子に母 座らせて
 煮えたぎる 頭冷やせや 陶枕
 怪談や 真夏の夜の 髑髏
 夏の夜に どんでん返し ミステリー
 青蚊帳の 底は暗しよ 鮫泳ぐ
 蚊遣して住めば都や草の庵
 かき混ぜて 藍染鍋の 花赤む  
 藍染めむ 思ひの色の 出づるまで

    2021年 夏(29)へ  TOPへ   2021年 夏(31)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019 
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018 
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016 
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015 
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014 
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1