クワコ(蛾)
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 夏 ( 20 )   *
 あだしのの 超空間へ 夏の蝶
 夏蝶の 挑みて越えず 風の壁
 夏蝶の 死すれば重く 地に伏して
 燈蛾飛ぶ 対角線の 交差点
 コンビニの 明るき孤燈 蛾が叩く
 今生の 今を狂ひて 夜蛾燈蛾
 夜盗蛾の 突撃自爆 闇に果つ
 死の川や 夜蛾火蛾燈蛾 溺れしむ
 心臓の 音が聞こゆる 灯蛾の夜
 火蛾飛べり のんどの渇き 知る夜更け
 白蛾死す 都会の夜は ひとりの夜
 地球儀の 上を闊歩や 家の蠅
 阿を出でて 吽の頭上へ 寺の蠅
 観音の 頭光まとへば 蠅の王
 蠅嬉々と 波打ち際の 腐乱魚に
 蠅群るる ホルスタインの 肉塊に
 お喋り女 うるさき蠅を うちはらふ
 逃げ迅し 空に消えたる 蠅ひかる
 尾をふらば 手をする蠅の 末裔ぞ
 一匹の 蠅も許さず 厨妻
 孑孑の水や 濁りて甘きやも
 寒山を避け 拾得に蚊の集ふ
 あふれ蚊や 我に寄り来る ほかはなく
 血を吸ひて 生きむとすなる 藪蚊かな
 蚊の声や 殺意封ずる ことできず
 放哉の 蚊が刺すふぐり 赤腫れに
    尾崎放哉 「すばらしい乳房だ蚊が居る」より
 寺に棲む蚊や 御仏の心持つ
 家の蚊や わが血分ければ 兄弟に
 血を分けて わが兄弟に なる蚊かな
 片脚の ががんぼ飛ばず 壁這はず
 ががんぼや 毀れさうなる 時を生き

    2021年 夏(19)へ  TOPへ   2021年 夏(21)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019 
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018 
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016 
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015 
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014 
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1