茅の輪
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 夏 ( 2 )   *  
 五月雨や 堰堤水を 溢れしめ
 睡蓮や 水より出でて 水疎む
 白蓮や 泥田の匂ふ 朝まだき
 白蓮の 花芯近きに 悟りの座
 白蓮の 散りゆく刹那 時とまる
 柿の花 こぼれて路地の 昼下り
 死後二年 泰山木が 花の中
 アマリリス 赤子けなげに 泣き通す
 動かざる 青鷺あをき 影となる
 青葉木菟 聖者のやうに 森に棲み
 青田中 卵抱くのは 雄の鴫  鴫の季は秋
 青田波 ここが日本の 古ふるさと
 草のいろ 野を染めあげて 青野なる
 葉隠れの コロボックルや 青時雨
 万緑や 痛し痒しを 吾子言はず
 滴りを 集めて遥か 大河なす
 滝の水 岩に曲がりて 壺に落つ
 新調の 雨具一式 迎へ梅雨
 七変化 少し遅れて 雨の音
 みづすまし 水輪に影を くびれさせ
 尺蠖の 一枝と化して 身隠るる
 みごとなる擬態 しゃくとり枝となる
 かたつぶり 殻の中より 糞を出し
 面太し 仏の池の 蟇
 楽珍や 雌の背にのる 蟇の雄
 諍ひは 池にもありて 蟇の恋
 病むときは 蛍袋に 身を潜め
 捩花の ねぢれ戻らず 離婚すと
 悪なすび 大悪人の 相なさず
 人間は 地球の黴ぞ 菌伸ばす
 白黴や リストカットの 跡深く
     小学校6年間を同窓で過ごした青年、
     幾度となく自殺未遂を繰り返して、
     最期には、三島由紀夫の後を追って果てた。
 黴臭き古書肆や 黙の横歩き
 紙魚齧る わが自信句も 穴だらけ
 結末は 二転三転 紙魚の跡
 這ふ紙魚の 「安宅の関」に 阻まるる
 蝶誘ふ 形に開く 百合の花
 跳ひはねて 幼のくぐる 茅の輪かな
 常夏の ひと夜かぎりの さがりばな
    サガリバナは西表島の自生地で咲く。花期は6~8月。
 雲海の 底に街あり 山孤高
 ペンキ塗る 白が眩しき 夏の窓
 仰向けの 金魚漂ふ 水の闇
 さみしさに 慣るるひと夜の 屑金魚
 誰もゐぬ 部屋の闇底 熱帯魚
 囚はれの 影だに持たず 水中花
 水を得て 水喜ばす 水中花
 水中花 嘘に隠せし ひとの裏
 水中花 誰とも会わず ひと日過ぎ

    2021年 夏(1)へ  TOPへ   2021年 夏(3)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4
     春1 / 2 / 3
     夏1 / 2 / 3 / 4
     秋1 / 2 / 3
     冬1 / 2
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019 
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018 
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016 
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015 
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014 
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1