節分草
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 春 ( 3 )   *  
 谷深し 空の窪みを 節分草
 谷底の 暗きに一朶 節分草
 節分草 我に向かひて 光くる
 一花二花 色を尽くして 節分草
 山峡の 鬼のゐぬ間の 節分草
 下萌や 生田の森の 下蔭に
 下萌や 踏まれて育つ ものなべて
 下萌や 命の色の ほのかにて
 草萌えて 原野一里を 耀はす
 腹這ひて 下萌の音 確かむる
 剪りて待つ 薔薇の芽に血の かよふまで
 薔薇の芽の 伸びゆく先の 日と雨と
 潮風や 運河ほとりの 芽柳に
 芽の多き 方を上にして 芋植うる
 もどかしや 進みし春の 後戻り
 吾輩は 恋猫である 名は名無し
 ドロ闇に 金色の目の 恋が猫
 鳴くごとに 恋の近づく 野良が猫
 名を呼べど にあとも鳴かず 恋が猫
 恋猫の もうなにもかも 上の空
 チェシャー猫 破恋が果ての 笑み残し
 官の春 反省すれば 許さるる
 うつし世に 「史聖千龝」 史家の春 司馬遷
 白魚や 恋に賞味の 期限あり
 焼け残る 杉に花あり 護摩堂跡 摩耶山史跡公園
 受験子の 赤線多き 参考書
 物憂げに 受験子歌を 諳んじる
 神宿る 山河草木 風光る
 風光る 草木国土 みな仏
     「草木国土悉皆成仏」より
 風光る 空これ無一 無尽蔵
 春暁光 受胎告知の 時来たる
 光より 始まるひと日 春きざす
 春天へ 投げて光と なるボール
 春陽来復 人は光で ものを見る
 異人坂 街に春呼ぶ 鼓笛隊
 春出づや 立方体の 玉手箱
 万華鏡 春の光の 粒こぼし

    2021年 春(2)へ  TOPへ   2021年 春(4)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1