落 椿
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 春 ( 21 )   *  
 赤子いま この世の春と 生まれけり
 駘蕩の嬰児 みどりの大うんち
 仔猫にも 個体認証 鼻紋様
 蹠球にも 紋はあるかと 仔猫抱く
 かぐはしき 須磨の若草 摘みにけり
 句心をあたため 我も抱卵期
 言の葉をあたため 俳句抱卵期
 晩成かも 知れず俳諧 抱卵期
 陽炎の 高さに心旗 かかげ持つ
 かげろふや 長き睫毛の 閉づるとき
 手弱女や 水陽炎の なかに揺れ
 被爆の子 水かげろふの 中に消え
 かげろひて 水面漂ふ 死者生者
 草陽炎 俳子めざすは 知の虚人
    「知の巨人」といわれた立花隆さんが、4月30日に逝去
 死ぬまでを 生きて悔なし 椿落つ
 もしかして そうかも知れず 蜃気楼
 写真家の レンズの先の 蜃気楼
 摑みたし 遠くはかなき 蜃気楼
 別れゆく 後姿は 蜃気楼
 瞑想 にふけるかいなか 座禅草
 墓石めく ビルの乱立 黄砂降る
 遠霞 あれに見ゆるが 有馬富士
 ハルシオン てふまやかしに 春眠る
 甘味なり 春が眠りの 底の夢
 春眠や 老いては側臥 屈葬位
 春眠し 電波時計に 起こさるる
 春眠や 夢中八策 泡と消え
      坂本龍馬の船中八策のパロディ句
 朝寝して こむら返りの ふくらはぎ
 花木瓜や 睡魔が襲ふ 昼下り
 飯喰ふも 電車に乗るも 黙の春

    2021年 春(20)へ  TOPへ   2021年 春(22)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1