クロアゲハ
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 春 ( 20 )   *  
        .
 CかUか 視力検査の文字おぼろ
 思ふ猿 ゐれば四猿 春おぼろ
 朧より おぼろへ深む 加齢脳
 虚と実の はざま朧に 脳溺れ
 朧夜や まさぐる指も おぼろにて
 朧夜に 白き脱皮を くりかへし
 朧夜の 貝が蠢く 口開く
 朧夜の 朧がほどの 夢おぼろ
 朧月 遠くで霊が すすり泣く
 朧めくガス灯 扇都築地町 兵庫区築地町
 瓦斯燈の おぼろを今に 居留の地
 春月や 兵庫をのこに 須磨をんな
 春の月 須磨の山並み 眠らせて
 風呂敷に 包みて行けや 春の月
 春は曙 みなとに響く 長汽笛
 東京の 春は夕暮れ 摩天楼
 商ひは 三方よしの 春 となる
 待つことに 倦みてまはせり 春日傘
 スカートの 尻をふりふり 春日傘
 春まぶし セーラー服の 通る道
 這ふ虫の 止まれば蛹 飛べば蝶
 8Kの 静止画像を 光り蝶
 開け放つ 光の小箱 蝶出づる
 秘めやかや 花芯にかかる 蝶の息
 野の花に 恋をするかに 鳳蝶
 花蜜へ 蝶の口吻 ふるへ伸ぶ
 蜜吸ふや 上下に動く 蝶の腹
 黒揚羽 濁れる水を 呑みもして
 黄揚羽や 空へ金粉 こぼし飛ぶ
 黒揚羽 追ひて思はぬ ところまで
 一度とて 翅を閉ぢざる 蝶標本
 蝶いとし 近くば指で 挟みもし
 罪犯す 指紋残れり 蝶の翅
 とまりたき 花はいずこか 夜の蝶
 てのひらの 時間が止まる 蝶止まる
 荘周の 夢路に飛びて 胡蝶なる
 ひらがなの 縺るるやうに 春の蝶
 てふてふの たふたふ飛びて 野末まで
 ひかり野へ 飛び去りゆかば 春の蝶
 ひかり野へ 残像白き 黒揚羽
 見失ふ 蝶こそよけれ 空無辺

    2021年 春(19)へ  TOPへ   2021年 春(21)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019 
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018 
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016 
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015 
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014 
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1