王子動物園の象
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 春 ( 14 )   *  
 春朝や 寝てても廻る 水の星
 春うらら うつらうつらの 昼日中
 ご機嫌やう 日差しのどかに 女学院
 春昼や 指先眠き 弥勒像
 春昼の 牛の反芻 涎かな
 永き日や 象は皺鼻 ふりつづけ
 永き日や 象の時間を はかりかね
 永き日の 遅れがちなる 時計鳴る
 永き日や 白き時間が 長々と
 日永の 亀のまはりを 鯉ゆるり
 うららかや 象の時間を 亀歩み
 のどけしや 象の糞より 白き湯気
 のどけしや 草を歩けば 牛舎まで
 のどけしや 西しかさせぬ 風見鶏
 どの顔も 土偶顔にて のどけしよ 五色塚古墳
 のどか日も 癌細胞は 殖えつづけ
 遠き日の 春の木馬が ふあふあと
 極彩の 木馬のまはる 遠き春
 あんぱんに臍あり 午下あたたかし
 あたたかや 食パン焦げて 狐色
 春蒲団 ひと肌ほどの あたたかさ
 あたたかや 象のお尻は 皺だらけ
 水の面に 河馬の目ふたつ 暖かし
                    いばり
 馬の子にして 大いなる尿の音
 羊水を 舐むる母猿 春の山
 摘み草に ぬつと貌出す 羊かな
 膝裏の 窪みまろやか 児女の春
 あちに行き こちにも行きて 日永過ぐ
 忘れても いいことばかり 春日過ぐ
 逃水の そのまた先の ゆらめきに
 逃水を 追ふがごとくに 亡児追ふ
 逃水と なりたる人の 顔写真
 逃水を 追ひて明石の 両馬川
     両馬川は、清盛の末弟、平忠度が討ち死にした地。
     近くに、両馬川旧跡、腕塚神社、忠度塚がある。
 逃水を追ふに 三十六の計
 逃水の ゼブラゾーンに 阻まるる
     ゼブラゾーンは、右折レーン手前の導流帯。
 我いづこ 顔認証の 朧にて
 浮くほどに 水がおぼろの 深海魚

    2021年 春(13)へ  TOPへ   2021年 春(15)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1