七夕飾り
 
      
   JR三ノ宮高架橋の
    機銃掃射痕
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
       2020年 秋 ( 1 )   *  
  1  寝も寝られず 起きては眠き 今朝の秋
  2  憂ひある いつもの顔や 今朝の秋
  3  星祭 美しき手が 灯を入れて
  4  星今宵 逢はずばつのる 恋心
  5  星祭 神代の恋も かく揺れて
  6  星合と いふても遠き 空が果
  7  子らの夢多し 七夕竹撓む
  8  かはゆしよ 七夕竹の 願ひ事
  9  七夕や 月に家建つ 話して
 10  色褪せて なほも七夕 飾りなる
 11  夏果と 秋との時差を はかりかね
 12  街灼けて 奈落が底の きのこ雲 季:夏
 13  街熔けて 八月の空 底なしに
 14  流灯の 迷へるごとく 上流へ
 15  長崎忌 マリアの像は 首傾げ
    浦上教会のマリア像は、原爆によって壊滅した教会とともに焼失した
    と思われていたが、戦後、焼け跡をたずねた浦上出身の神父によって、
    その頭部だけが発見され、現在は、浦上天主堂小聖堂に、
    焼け焦げた状態のまま静かに安置されている。
 16  八月や 問はねど語る 被爆譚
 17  八月の 折り皺深き 記憶かな
 18  八月の 記憶や黒く 塗りつぶす
 19  八月や 武勇におごる 者が果て
 20  海彼より 骨は戻らず 墓地の秋
 21  いくさ果て 骨なき墓を 洗ひけり
 22  墓地の秋 とはに墜ちざる 特攻機
 23  敗戦日 あとわづかにて 特攻す
 24  レイテの秋 不沈戦艦 撃沈す
 25  負けしとは 言はぬ親爺の 敗戦忌
 26  敗戦忌 いくさの愚をば 噛みしめて
 27  機銃痕 見つめて誓ふ 不戦の日 三宮高架橋
 28  願はくは いくさなき世の 衣被
 29  一石を 撫づるが供養 墓洗ふ
 30  ふるさとの 話いろいろ 盆の客
 31  訪ふ人も なくて静かや 送り盆
 32  異郷にて 先祖と話す お盆過ぎ
 33  叩かれつ 褒められつして 大西瓜
 34  西瓜玉 なでつ叩きつ 品定め
 35  戯れに おでこにひとつ 西瓜種
 36  お茶目な子 すねて西瓜の 種を吐く
 37  暗がりに 西瓜提灯 笑ふがに
 38  熟れ毀つ 西瓜や畑に 二三玉
 39  青春や 西瓜のひびも 直せざる
 40  西瓜切る 二分割すら ままならず

 
      2020年 夏(21)へ  TOPへ   2020年 秋(2)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2020年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
      / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
      / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1