+

    スズムシ
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
       2020年 秋 ( 4 )   *  
 121  真つ青な空 真つ新な 秋来たる
 122  あち向きてホイ 猿がまなこの 先は秋
       嵐山モンキーパークいわたやま
 123  あち向きてホイ こち向きて古都の秋
 124  乳飲み子も 餌喰ふころや 猿の秋
 125  猿酒を 喰らへば我も 赤尻に
 126  日の温み 詰めこみ桃の 実熟るる
 127  馬鈴薯に貌あり 茹でて笑はしむ
 128  石を噛むかに とんぼうの顎動く
 129  とんぼうの 赤目青ん目 ぎよろりの目
 130  捨て畑の 吹かれて殖ゆる 蜻蛉かな
 131  刹竿の蜻蛉 仏を敬はず
 132  友逝きて 水蜉蝣の 影揺るる
 133  蝗鳴く 棚田たむろに 寄りあひて
 134  稲といふ 稲やいなごの 歯形跡
 135  天領の空へ 殿様ばつた飛ぶ
 136  螇蚸鳴く 草また草の 草の国
 137  野花もて 亡きひと訪はむ 秋彼岸
 138  亡き人の 声は地よりか 秋彼岸
 139  秋彼岸 逝きたる人は 老知らず
 140  秋彼岸 墓陰に立つ ひと無口
 141  秋彼岸 祈れば近き 死者生者
 142  百人に 百のふるさと 秋彼岸
 143  秋彼岸 うからはらから 散りぢりに
 144  彼岸花 山まで続く 畦に沿ひ
 145  彼岸花 里に段なす 畦の列
 146  結界に 地蔵二体や 曼殊沙華
 147  曼珠沙華 燃え尽くるごと 頽れて
 148  曼珠沙華 失せたる畔の 高からず
 149  蒼天に とけ出づるかに カンナの緋
 150  竜淵に 潜みて増ゆる 水の害
 151  竜潜む 淵や畏れて 近づかず
 152  青竜も 淵に潜まば 腐魚となる
 153  草の戸や 昼のさなかも 虫の声
 154  草庵の 遠きかたにも 虫のこゑ
 155  夜をこめて 鳴きつぐ虫や 草の庵
 156  虫の音を わが心音に 重ぬる夜
 157            とよ
 鈴虫の 鳴き響むるを 聞かでかや
 158  大洞に 入りてよき音ぞ 鉦叩
 159  忖度を 心得をるか 鉦叩
 160  賽の目は 出たとこ勝負 ちんちろりん

   
      2020年 秋(3)へ  TOPへ   2020年 秋(5)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2020年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
      / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
      / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1