アマガエル
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2020年 夏 ( 8 )   * 
 281  埒もなや 刈ればまた生ふ 夏の草
 282  六月や 子の丈越ゆる 草の丈
 283  六月や 足音ひびく 雲が下
 284  道の端の 根深き草を 引く羽目に
 285  父いづこ 父の日に座す 父の肩
 286  父の日や この父ありて この息子
 287  父の日の 父に似てきし 父となる
 288  父の日も 母の日もなき 親不孝
 289  青蛙 雨恋ふときは 雨色に
 290  青蛙 雨のしげきを 鳴きもして
 291  青蛙 三つ指つきて かしこまる
 292  青蛙 三指の礼を 尽くすかに
    「鳩に三枝の礼あり、烏に反哺の孝あり」より
 293  さてもこれ 八草跳びの 青蛙
     八草跳びは、義経八艘飛び伝説のもじり
 294  河鹿鳴く 姿見えぬを かなしまず
 295  獲物待つ 水草上の 牛蛙
 296  四つ這ひて 呵々大笑の 蟇
 297  蟇 ぶさいくなのに かはゆくて
 298  腹撫でて やれば腑抜けの 蟇が貌
 299  蟇 にもある自恃の 志
 300  蟇 池ある庭の 主にして
 301  池の端に 動かぬ蟇の 面構へ
 302  うづくまる 蟇の貫禄 揺るぎなし
 303  夏痩の 蛙か池の 水をでず
 304  真すぐには飛べず 闇夜の恋蛍
 305  うつし世を 気弱に生きて 太宰の忌
 306  住みにくき 世にも黄白 桜桃忌
 307  点が線 線が面へと 梅雨の窓
 308  細枝に 逆さどまりの 梅雨の蝶
 309  葉の濡れて なほ降る雨や 蝸牛
 310  点と点 結べば線や 蝸牛
 311  かたつぶり 左ひよどり 右は須磨 藍那・相談ヶ辻
 312  抜きんでて 速度超過の 蝸牛
 313  かたつぶり 角突きおうて 覇を競ふ
 314  潰しても 潰さなくても なめくぢり
 315  塩をまき 箒立てても なめくぢ来
 316  ぼそぼそと 自粛自粛の 蟹の泡
 317  句をなせど 沼に泡ふく 隠蟹
    俳子俳句一万四千句達成
 318  池水を 余白に置きて 花菖蒲
 319  雨ニモマケズ イツモシヅカニ 笑ふ夏
 320  梅雨湿る マスク美人の 口元も

       2020年 夏(7)へ  TOPへ   2020年 夏(9)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2020年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
      / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
      / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1