2019年 冬 ( 4 )  *  
  121  季のあはば 好からしものを 冬尺蛾
  122  もう見えず あの一瞬の 冬薔薇
  123  侘助の 一輪挿しに 叶ふ句を
  124  スマホ地図 たよりて迷ふ 冬山路
  125  冬山や 迷へば狭き 獣道
  126  山暮れて 空まだ淡き 冬夕焼
  127  冬夕焼 歩ごとに違ふ 砂の音
 128  望郷や 冬の夕焼の すぐ消えて
  129  冬夕焼 悲しみひとつ 空に消え
  130  帰り来ぬ 人にも届け 冬燈 神戸ルミナリエ
  131  野垂れ死ぬ 覚悟はあるか 枯野行く
  132  枯野末 山猿俳子 ここに死す
  133  冬の山 無念愚直の 歩を刻み
  134  冬登山 靴の結び目 きつく締め
  135  山峡に ひとつ小さき 冬燈
  136  冬帽を 脱ぎても素顔 そこになく
  137  討入りの 陰を隠して 義士祭
 138  討入の 日なり清めて 客を待つ
 139  第九聴く 大音響の 渦の中
 140  座直しに 我を忘るる 年忘
 141  おばちゃんの 方が元気で 淀の冬
 142  古炬燵 吹き寄せ菓子を 音たてて
 143  白炭の 匂やかなるを 炉につぎて
 144  障子閉づ 育ちのわかる 作法にて
 145  一張の 障子明りの 中に座す
 146  冬日差す 六甲の空 かたきまま
 147  雲間より もるる一条 冬至光
 148  マチュピチュや 冬至の光 届く塔
   15世紀のインカ帝国の遺跡があるマチュピチュには、太陽の神殿があり、
   そこにはインティワタナ(太陽をつなぎ止める石)が設置されていて、
   夏至と冬至が正確に分かる窓がある。
 149  もの言はぬ 石に影置く 冬至宿
 150  湯の匂ひ肴に 冬の宿が酒
 151  燗酒の 利きて饒舌 とめどなし
 152  冬の夜や 地肌にほのか 湯の名残り
 153  ひとり寝の 肌寒からむ 旅の宿
 154  冬の宿 ランプシェードの 薄灯り
 155  光年の 時空を超えて 冬銀河
 156  天穹を 引きてや撃たん 冬銀河
 157  聖夜とて 性をあきなふ ネオン街
 158  ジパングや 灯ればなべて 聖樹なる
 159  聖夜なり ふたりの部屋の 灯をともし
  160  見えぬもの 見えざるままに イブの燭

        2019年 冬(3)へ   TOPへ   2019年 冬(5)
 有馬温泉 太閤の湯
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

     俳 子 の 俳 句 横 丁


 2019年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
        / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
        / 17 / 18 / 19 / 20
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5

 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1