モ  ズ
 
        
   イソヒヨドリ
 
        
   ソウシチョウ
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
        2019年 秋 ( 11 )  *  
 401  鵙贄の 報ひは枝が 棘の先
 402  枝先の 哀毀骨立 鵙の贄
 403  鵯の 餌はむときの 右顧左眄
 404  鵯の 睦めば声の 和やかに
 405  危しと 思へば鵯の 声尖る
 406  鵯や 鵯越を 越え飛べる
 407  鵯老いぬ 野づら山づら 飛び倦みて
 408  餌づけても なつかぬ小鳥 庭に来る
 409  俳子庵 なにもないのに 小鳥来る
 410  幸せの 青い鳥てふ 小鳥来る
    「幸せの青い鳥」といえば、イソヒヨドリ。
    イソヒヨドリは磯や岩場に多く生息、 ヒヨドリに似ていることから
    この和名がついているが、ツグミ科。
    俳句では、イソヒヨドリは夏の季語ながら、冬でも生息している。
    ツツピーコーと鳴く声がきれいで、背が青いことから、
    「幸せの青い鳥」と呼ばれているが、灰色がかった青で、
    清潔感に欠け、腹部の赤茶色とのバランスも悪く、
    この鳥が幸せを運んできたとしても、誰も気がつかない !!
    が、幸せって、幸せだと気づいたときには多分、
    もうそこにはないものなので、
    そう、そうなのだ、イソヒヨドリのような、見栄えの悪い鳥が、
           本人が知らないうちに、そっと運んでくるんだよね、きっと !!
 411  小鳥来る どれもつぶらな 瞳して
 412  一羽でも 相思鳥てふ 小鳥来る
 413  深秋の 我にぞ鳴けや 相思鳥
 414  色鳥や 一筆書きの 色引きて
 415  色鳥や 光しづくを こぼしつつ
 416  深空へと 色鳥色を こぼし飛ぶ
 417  深秋の 夕暮れに消ゆる 青き鳥
 418  鳥地獄 虫地獄にも 色の鳥 有馬温泉
 419  色鳥や 枯山水の 庭狭し
 420  色草や 赤には赤の 悲と哀と
 421  色草を 摘めばこぼるる 想ひとも
 422  洞穴も 花野もありて 秘密基地
 423  をさなごも ガキ大将も 花野駈け
 424  捨て畑の 荒れたる末の 大花野
 425  捨て田いま 花野となるを 悲しめる
 426  日毎夜毎 色褪せてゆく 秋薊
 427  行くほどに 淋しさつのる 野路の秋
 428  身ほとりの 一草一花 みな秋思
 429  ジャズの秋 音なき間にぞ 思ひこめ
 430  御座船に 神輿や垂水 渡御祭
        海神社・海上渡御祭
 431  秋の夜や 御伽噺に 子は寝ねて
 432  横顔を 見せて語らず 秋夜妻
 433  空に星 森の深きに 月夜茸
 434  月光に 光る傘さす 月夜茸
 435  もののけの 棲むてふ森や 月夜茸
 436  骨とかす 毒もつさまに 天狗茸
 437  食はずとも 見れば目の毒 天狗茸
 438  森奥に 闇くるころや 火焔茸
 439  業火炎々 人寄せつけぬ 火焔茸
 440  見れば地味 食へば痺るる 笑ひ茸

       2019年 秋(10)へ  TOPへ   2019年 秋(12)

     俳 子 の 俳 句 横 丁


 2019年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
        / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
        / 17 / 18 / 19 / 20
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5

 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1