白川の石抱き榧(かや)
 
        
 摩耶山天上寺参道下の
      著莪の花
 
      
   ウラシマソウ
 
            
    クモの子
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
        2019年 夏 ( 3 )   *  
  81  風五月 石抱き榧の 葉々揺れて
        白川の石抱き榧
  82  風五月 子を抱くやうに 石を抱き
  83  草木も 風とかたらふ 五月かな
  84  花桐や 耳まで遠き 人の声
  85  風の来て 花桐の咲く 高さ知る
  86  花罌粟や 妖しき光 まとふかに
  87  花罌粟の 揺るるがままに 我も揺れ
  88  暁や 花散るまでの 罌粟の露
  89  雛罌粟は 解語の花と 思ふべし
  90  雛罌粟や 野暮な男に いれあげて
  91  芍薬の 珠開くかに 蕾解く
  92  母の日に 母なりしこと 誇りゐて
  93  母の日の 電話切れても 声残る
  94  母の日や 臍の緒黒く 干乾びて
  95  釈迦生母 ゆかりの寺や 著莪の花
  96  朴の花 鼻の穴まで 天仰ぐ
  97  じゃがいもの 花や咲きても 実をなせず
  98  小判草 金が物言ふ うつし世に
  99  小判草 金が敵の 慣ひにて
 100  金持ちは 喧嘩せずとや 小判草
 101  芳名も スマホも持たず 浦島草
 102  うたげ果つ 君影草の 白は黄に
 103  拍子木の 音軽やかに 五月場所
 104  田植女や 水照り明りに 苗さして
        水照り:みでり
 105  稲植ゑて 空近くなる 里棚田
 106  麦の秋 乗合バスに 客ひとり
 107  がら空きの 一輌電車 麦の秋
 108  胸詰まる ほどの君が香 麦の秋
 109  よろづ屋が 村に一軒 麦の秋
 110  日の屑の 乾くにむせて 麦を刈る
 111  麦秋や 歩けば楽し 鄙の道
 112  ダービーや 一か八かの 大勝負
 113  ダービーや 外れ馬券の 宙に舞ひ
 114  繭つむぐ 熟るる身ひとつ 閉じこめつ
 115  蜘蛛の子の 壮絶バトル ロワイアル
 116  子は親を 選べず肉食む 蜘蛛の子も
 117  蜘蛛の子の 散りてまた寄す 厠塀
 118  群れ騒ぐ 蜘蛛の子みんな 仏の子
 119  蜘蛛の餌の 回し回され 糸捲かる
 120  蜘蛛の囲の 破れやすきは 繕ひて

       2019年 夏(2)へ  TOPへ  2019年 夏(4)

     俳 子 の 俳 句 横 丁


 2019年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
        / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
        / 17 / 18 / 19 / 20
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5

 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1