霜
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
        2019年 新年・冬 ( 7 )   *  
  241  虎落笛 おいでおいでと 魔女の声
  242  雪よ降れ わが死に刻を 告げよかし
  243  雪よ降れ わが屍を 埋めよかし
  244  暮れそめて 塩屋が崎に 雪が降る
  245  静か夜や 悲をつのらせて 雪積むる
  246  またひとつ 消ゆる家の灯 雪積むる
  247  雪積むや 家の灯ひとつ 埋め残し
  248  雪こんこ 妹は寝ぬるか 兄まだか
  249  闇に降り 闇に積もりて 雪やめり
  250  雪のこゑ 聞ゆるほどの 朝しじま
  251  窓開く 夜明けの雪の 明るさに
  252  雪合戦 赤長靴の 小さき跡
  253  雪達磨 魂抜けてより 融けそむる
  254  融くるまで 逃げず隠れず 雪うさぎ
  255  遠くより 見れば絶景 雪景色
  256  松の葉や 降り積む雪を 串刺しに
  257  形ある ものみな深き 雪が下 北海道・十勝
  258  雪黒く 汚れて古刹 人訪はず
 259  いづこにも 瑕疵なきごとく 雪一枚
 260  雪原や 足跡あれば そこが道
 261  雪山や 壁のありなば 越えてゆけ
 262  雪見酒 酔ひ足らざれば 足しもして
 263  ふるさとを うたう歌姫 雪しまく
 264  ほつれ毛に 降りつく雪の ひとかけら
 265  雪降るや 石の天使は 空を向き
 266  雪の夜や 詩心身ごもる やもしれず
 267  雪の夜や 虚城に刻む 影蒼々 花隈公園
 268  雪暗や わが俳諧に 毒をもる
 269  雪暗へ 怖めず臆せず 手探りで
 270  落城の あるじ永らふ 深霜夜
 271  霜降るや 晧月千里 星万里
 272  霜降るや 首なし佛は 闇に泣く
 273  霜夜行く うしろの闇に せかされて
 274  霜の夜や 細き気息の 穴ふたつ
 275  霜枯の 畑を農婦の 背の円く
 276  霜とけて 葉先こぼるる ひと雫
 277  霜とけて 池に足したる ひと雫
 278  雪あられ 落つれば同じ 川の水
 279  野仏の 頭に残る 冠雪
 280  磔像や 主より流るる 血の凍てて

     2019年 新年・冬(6)へ  TOPへ   2019年 新年・冬(8)

     俳 子 の 俳 句 横 丁


 2019年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
       / 9 / 10 / 11
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
       / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
       / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
       / 17 / 18 / 19 / 20
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
       / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
    冬1 / 2 / 3 / 4 / 5

 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1