ベニバナ
 
     
  枯れベニバナ
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
          2018年 夏 ( 9 )   *  
 321  黴臭き 世に黴臭く 俳子生く
 322  梅雨空に てるてる坊主 てる坊主
 323  降ると見せ 降らずじまひの 梅雨曇り
 324  濃あぢさゐ 空の重さを はかりかね
 325  濃あぢさゐ 降らねば雨を 待つ色に
 326  坂道に つづく坂道 花四葩
 327  額の花 雨を含みて 濃むらさき
 328  惜別や 庭あぢさゐの 咲きうすれ
 329  梅雨旅や 重き鞄を さげ帰る
 330  梅雨晴れに 鼻高々の 晴れ男
 331  紅花の けばだつ色に 立ち止まる
 332  紅引けば 引くほどかなし 紅の花
 333  枯れ紅花 恋も終れば 軽くなる
 334  夏枯れの 紅花軽し 恋もまた
 335  くちなしの 花の傷むを 目で殺す
 336  くちなしの 崩るるごとく すがれゆく
 337  三度目の 花穂をつけて 夏たんぽぽ
 338  夏祓 なにを着けても 穢れの身
 339  参拝す 茅の輪をみたび 潜りぬけ
 340  そはそはと 茅の輪くぐりの 前とあと
 341  外つ人の かがみて潜る 茅の輪かな
 342  尺蠖や 空のきざはし 上るかに
 343  尺蠖虫 動く動かず また動く
 344  尺蠖や つまづきて知る 老が齢
 345  尺蠖や さがとなりたる お辞儀癖
 346  尺取れぬ 空に羽ばたけ 青尺蛾
 347  空飛ぶは 嘘か真か 毛虫這ふ
 348  廃屋の 荒るるがままに 草茂る
 349  生えなくて いいものばかり 草茂る
 350  草茂る 強き匂ひに 虫集ふ
 351  草いきれ 肺のなかまで 草色に
 352  草引くや 蚊帳吊草も 野薊も
 353  草引くや 引きても尽きぬ 草が叢
 354  草矢うつ われら少年 奇兵隊
 355  草の矢を 花綵列島 より放つ
 356  うきくさや 古沼にたまる 濁り水
 357  梅雨末や 大雨のあとに 大雨来る
 358  梅雨末期 夜の底ひに 水溢れ
 359  軽々と 巨岩ころがす 梅雨出水
 360  荒梅雨や 闇深き夜の 水地獄

       2018年 夏(8)へ  TOPへ   2018年 夏(10)

     俳 子 の 俳 句 横 丁


 2018年…冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
        / 9 / 10 / 11 / 12 / 13
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
        / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
        / 15 / 16 / 17 / 18 / 19
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
        / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9

 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2017年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1